環境保全シンボルキャラクターが決定しました

公開日 2018年12月27日

更新日 2018年12月27日

緑豊かなふるさとを共につくるまち なかの

平成30年3月に策定しました「第2次中野市環境基本計画」を推進するため、環境保全に向けた取組のシンボルとなるキャラクターのデザインを募集したところ、市内外から59点の応募があり、厳正なる審査・選考の結果、採用作品が決定しました。採用された作品は、環境保全に関するイベントや広報などの啓発ツールとして広く活用します。

表彰作品

表彰

作品(デザイン)

応募者 作品の説明(コンセプト)
表彰作品(5点)

最優秀賞
  採用作品

1

塩﨑 榮一 さん

なかのん

唱歌「故郷」にでてくる「兎追ひしかの山…」の兎、中野人形の月の兎の兎をモチーフにし、緑豊かな中野市の山、川、自然豊かさを表現。

 

優秀賞 2 前田 昌克 さん

あっぷるん

市の木「りんご」と「緑いっぱいの地球」を重ね合わせ、環境保全に取り組む中野市の姿を表現しながら、多くの方々に親しみやすいキャラクターをデザインしました。

優秀賞 3 森山 未季子 さん

ぽんぽん

中山晋平の『證誠寺の狸囃子』が中野市民に親しまれていることから狸をモチーフにし、お腹には豊かな自然をイメージした緑色のNの文字をあしらいました。

優秀賞 4

八谷 早希子 さん

なかのん

緑豊かな中野市をイメージして、多くの方に親しみを持って頂ける緑の精のキャラクターを考えました!服は、環境保全の基本目標の一つ、“ゴミ削減”をイメージ。

努力賞 5 倉田 一輝 さん

中野市鳥人「中野神」

この鳥人の頭と羽は、中野の鳥チョウゲンボウを表しています。お腹の部分には、中野市の有名な食べ物や森の木を合体させました。

  ※ 努力賞は、小学生が応募した作品を対象に選考したものです。 

お問い合わせ

環境係
TEL:0269-22-2111(247)

ページの先頭へ