平成30年12月定例市議会 市長あいさつ

公開日 2018年11月30日

更新日 2018年11月30日

 本日ここに、平成30年12月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席をいただきましてありがとうございます。
 さて、本年もあと1カ月となり、予定した事業は順調に推進して参りました。
 また、長年の懸案でありました新庁舎建設につきましては、9月末までにすべての工事が完了いたしました。
 市民の皆様をはじめ、市議会並びに関係各位のご理解とご協力、そして、工事に携われた方々のご努力によるものであり、改めて感謝申し上げます。
 新庁舎しゅん工を記念して、中野市農業協同組合様から、市の木「りんご」の苗のご寄附があり、先日、江口組合長様と植樹をいたしました。
 本市、そして新庁舎のシンボルとして、大切に育てて参ります。
 さて、今年は、全国各地で地震や豪雨被害が相次ぎ、災害の多い年となりました。
 本市におきましては、2つの台風が接近し、そのうち、台風第21号は、市内全域でりんご、梨等の落果や樹体の損傷等甚大な被害を受けました。
 被害額は、県下で2番目となり、被災農家の農業経営に与える打撃は、極めて大きいものであり、市としましても支援して参ります。
 被害を受けられた方々に対しまして、改めてお見舞いを申し上げます。
 さて、今年で3回目となる「信州なかの音楽祭2018」が、10月14日から11月4日までの間で開催され、およそ2,600人の方々にご参加いただきました。
 様々なジャンルの音楽を楽しめるイベントとして定着してきましたので、これからも市民の皆様と一緒に作る、中野市らしい魅力ある音楽祭として参ります。
 また、今年で3回目となる「信州中野おごっそフェア」には、2日間で市内外から、昨年よりも多い約15,000人のお客様にお越しいただき、本市の食等を楽しんでいただきました。
 このイベントを通じ、市内事業者の販路拡大や新たな事業展開に繋がり、地域産業の振興がはかられることを期待しております。
 また、同日に開催しました「千曲川・高社山 SEA TO SUMMIT 2018」は、本市と飯山市、木島平村を会場として、全国から180人ほどの皆様にご参加いただきました。
 一日目の開会式と環境シンポジウムは、信州中野おごっそフェア会場で行い、参加者の皆様に本市の 魅力を感じていただけたと考えております。
 次に、遊休荒廃農地の解消のため、新規就農者の確保及び育成並びに農業経営の安定を図ることを目的に、中野市農業協同組合、中野市農業委員会、中野市産業公社の4者で「中野市遊休荒廃農地解消推進協議会」を9月に設立いたしました。
 これまでは、それぞれで農地のマッチング、技術指導、農業支援などを行って参りましたが、若い農業者から「住宅、作業小屋、農機具」の確保が難しいとの声もあり、関係機関が得た情報をデータベース化し、農地とともにマッチングをするシステムの構築を検討しております。
 この4者が連携し、情報を共有することで、それぞれが持つ強みを活かしながら、最終的に遊休 荒廃農地の解消に結びつけて参ります。
 さて、信州なかのシンボルマーク活用事業者と協働し、本市の知名度向上、市内産農畜産物の消費拡大、販路開拓及び地域ブランド化の推進を目的とした物産展「信州なかのフェア」を10月に横浜で開催いたしました。
 5回目となる今回は、市内の28事業者に参加していただき、過去最大となる2,800人を超えるお客様にご来場いただき、農産物や食を中心に、文化や風土、体験を交えながら、産地・観光PRを実施して参りました。
 また、主催イベント以外にも、9月から11月末までの間に、県外で開催された78のイベントに、累計51の事業者を派遣し、豊富な農産物の一大産地「信州なかの」の露出機会の拡大を図りました。
 今後も、市内事業者の参加を推奨し、協働で、魅力ある産地を全国に発信して参ります。
 さて、10月に本市で「ばらサミット」を開催し、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド市とばら制定都市会議との連携交流について、今後推進していくことで、決定されました。
 ポートランド市は、バラの町として世界的に知られ、米国で一番住みやすい都市に選ばれるなど、魅力ある都市であり、ばら制定都市会議全体で、ポートランド市との友好関係を築き、バラの繋がりだけでなく、経済や文化、教育などにおいても連携交流ができればと期待しております。
 豊田地域における「小さな拠点」の形成事業につきましては、人口減少、高齢化等が進行する中で、地域を存続させ住み続けられるように必要なコト・モノを「小さな拠点」として集約し、地域住民が主体となった地域の再構築をめざしております。
 現在は、庁内検討会を設置して検討を進めておりますが、今後は、豊田地域運営協議会を設立し、この組織が中心となって事業の方針や具体的な事業内容について検討を進めて参ります。
 本日、提案いたします議案は、条例案5件、補正予算案5件、事件案19件の合計29件であります。
 よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

秘書広報係
TEL:0269-22-2111 (212,400)

ページの先頭へ