特殊詐欺被害防止対策機器の購入、設置に係る助成金をご利用ください

公開日 2019年5月13日

更新日 2019年5月17日

特殊詐欺被害防止対策機器設置助成金をご利用ください

高齢者の消費者トラブルの特徴の1つとして、電話勧誘から始まるものが多いことがあげられます。
しつこい勧誘や脅迫まがいの売り込み、特殊詐欺などの迷惑電話を排除することにより、トラブルに巻き込まれる可能性が減少します。
こうしたことから、中野市では、高齢者を消費者被害から守るため、悪質な電話勧誘販売や振り込め詐欺などの電話を受けにくくする効果のある特殊詐欺被害防止対策機器の購入、設置にかかる助成金を交付します。

H31特殊詐欺被害防止対策機器設置助成金チラシ[PDF:353KB]

 

1 対象機器

(1)特殊詐欺対策機能付電話機

留守番電話機能、自動応答録音装置、自動着信拒否装置等のいずれかがついている機種であれば助成金の対象です。

(すべての機能がついている電話機もあります)

※別に番号表示サービス(ナンバー・ディスプレイ)の契約が必要となる場合があります。(月額400円程度)

(2)固定電話に接続する自動応答録音装置

お手持ちの電話機に取り付ける装置で通話内容を録音します。

(事前予告の例「この電話は振り込め詐欺などの犯罪防止のため、会話内容が自動録音されます」)

(3)固定電話に接続する自動着信拒否装置

お手持ちの電話機に取り付ける装置で、悪質業者の電話番号を自動で判断し、着信を拒否します。

※別に番号表示サービス(ナンバーディスプレイ)

 

2 対象者(以下の全てに当てはまる方)

(1)中野市内に住所を有する65歳以上の方のみで構成される世帯

(2)市税を滞納していない人

 

3 助成内容

購入及び設置費用の2分の1以内(上限5,000円) ※1円未満端数切捨て

 

4 件数

50件

 

5 対象

平成31年4月1日から令和2年3月31日までに設置、購入したもの

 

6 申請方法

商品購入後、次の(1)~(6)のものを申請書に添えて、申請してください。

(1)領収書

(2)申請者の印鑑(シャチハタ以外)

(3)預金通帳または銀行カード(振込口座がわかるもの)

(4)購入機器の機能がわかるパンフレットまたは説明書

(5)交付申請書兼実績報告書(消費生活センター窓口で記載いただくことも可能です)

(6)補助金交付請求書(消費生活センター窓口で記載いただくことも可能です)

 

7 申請書様式

交付申請書兼実績報告書(様式第1号)[DOC:40KB]

交付申請書兼実績報告書(様式第1号) 記載例[DOC:40KB]

交付請求書(様式第2号)[DOC:34KB]

交付請求書(様式第2号) 記載例[DOC:35KB]

 

8 その他

・詳細については、下記の交付要綱をご覧ください。

中野市特殊詐欺被害防止対策機器設置助成金交付要綱[PDF:114KB]

お問い合わせ

消費生活相談係
TEL:0269-22-2201

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ