~忘れない 豊かな森と 火の怖さ~ 山火事にご注意ください!

公開日 2019年3月1日

更新日 2019年3月8日

春先は、空気が乾燥し林野火災や枯草の火災が発生しやすい季節です。

大切な森林を守るため、長野県では3月1日から5月31日までを「春の山火事予防運動」の実施期間としています。

県の消防防災ヘリコプターの墜落事故があり、上空からの消化が必要な火災について懸念されるため、山菜取りやハイキングなどの野山に出かける機会が増えやすいこれからの時期は、例年以上に火の取り扱いにご注意いただくようお願いします。

また、林野火災の主な発生原因はたき火や野焼きですので、農作業等で火を使った場合は、完全に消火したことを確認してください。

次のことに十分気を付けてください。

1.枯れ草など燃えやすいものがあるところでは、たき火をしないこと

2.たき火など火を使用しているときは、その場を離れず、使用後は完全に消火すること

3.風が強い日や乾燥している日は、たき火や野焼きはしないこと

4.火入れを行う場合は、必ず市長の許可を得ること

5.たばこは指定された場所で喫煙し、吸いがらは必ず消すとともに投げ捨てないこと

6.火遊びはしないこと

啓発チラシ1[JPG:293KB]

啓発チラシ2[JPG:385KB]

 

お問い合わせ

耕地林務係
TEL:0269-22-2111(251,252)

ページの先頭へ