ノロウイルス食中毒注意報が発令されています

公開日 2018年11月16日

更新日 2018年11月16日

 

長野県内に「ノロウイルス食中毒注意報」が発令されています。
例年、冬季には感染性胃腸炎が流行し、ノロウイルス食中毒が多発する傾向があります。
手洗いの徹底及び食品の取り扱いに十分注意しましょう。

ノロウイルス感染症の症状

突然の嘔吐、下痢が主な症状で、高齢者や乳児は重症化することがあります。感染から発症までは24~48時間です。
感染した場合は、水分を少量ずつ摂取するなどして脱水に気を付けましょう。

ノロウイルス食中毒予防のポイント

  • 特に症状が無くても感染者である可能性を自覚し、予防に努めましょう。
  • 普段から感染しないように食べ物や家族の健康状態に注意しましょう。
  • 症状があるときは、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

手を洗いましょう

  • トイレの後、調理の前には、石けんで手を十分に洗いましょう。
  • 指先、指の間、爪の間、手首、手の甲などの汚れの残りやすいところをていねいに洗いましょう。(2回繰り返すと効果的です。)

嘔吐物等の処理

嘔吐物や便は、正しく処理しましょう。

  1. マスク、手袋を着用する。
  2. ぞうきんやペーパータオルで嘔吐物等を拭き取り、ビニール袋等に密封して捨てる。
  3. 嘔吐物等があった箇所と周囲を、塩素系消毒液に浸したぞうきん等で広めに拭く

長野県ノロウイルス情報

 

お問い合わせ

健康管理係
TEL:0269-22-2111(242,387)

ページの先頭へ