総合的な財政状況等一覧表(21年度)

公開日 2014年2月14日

更新日 2014年2月5日

 地方公共団体の行財政運営は厳しい状況が続いております。市民の皆様の理解と協力を得ながら財政の健全化を推進していくためには、市の財政状況について積極的に情報を開示する必要があると考えております。  今まで予算やバランスシート等の資料を公表してきたところですが、企業会計を含めた特別会計の状況や、第三セクター等の経営状況及び財政援助の状況も含め一覧表として作成しましたので公表いたします。

財政状況等一覧表の記載内容は次のとおりです

  1. 般会計等の財政状況
    ・一般会計と公営事業会計に属する特別会計以外の特別会計(社会就労センター事業特別会計、住宅改修資金貸付事業特別会計、情報通信施設事業特別会計)いわゆる普通会計の決算状況になります。 ※普通会計とは、地方公共団体ごとの財政比較を容易にするため、 すべての団体に地方財政統計上、統一的に用いられる会計区分であります。  
  2. 公営企業会計等の財政状況
    ・公営企業会計(水道事業、下水道事業等)や国民健康保険事業特別会計、老人保健事業特別会計などの公営事業に属する特別会計の決算状況になります。  
  3. 関係する一部事務組合等の財政状況
    ・中野市が加入している一部事務組合等の決算状況になります。  
  4. 地方公社・第三セクター等の経営状況及び地方公共団体の財政的支援の状況
    ・次の条件のいずれかに該当する第三セクター等の決算状況になります。 (1)中野市が25%以上出資している法人等 (2)中野市が財政支援(補助金、貸付金、損失補償、債務保証)を実施している法人等  
  5. 充当可能基金の状況
    ・中野市で設置している基金のうち、貸付及び土地等で所有しているものを除いた、現金・預金及び国債等債権にて所有している金額について計上しています。  
  6. 財政指標の状況 【財政健全化法をもとに算出します。】
実質赤字比率
「一般会計等を対象とした実質赤字の標準財政規模」に対する黒字か赤字かを判断する指標で、家計で言えば、年収に占める年間の赤字の割合を示したものです。
 
連結実質赤字比率
「全会計を対象とした実質赤字の標準財政規模」に対する比率で、実質赤字比率を特別会計・企業会計を含めた全会計に適用したもので、赤字の合計が年収に占める割合を示したものです。なお、本比率の財政再生基準は3年間の経過的な基準(H20決算△40%→H21決算△40%→H22決算△35%)が設けられています。
 
実質公債費比率
一般会計等の公債費(借金返済)と、公営企業等(下水道事業特別会計等)に対する繰出金のうち公債費のために使われたと見込まれる経費から、普通交付税で措置された分を除くことにより、実際に一般会計等が負担した公債費相当額を算出し、標準財政規模に占める割合を計算したもので3ヶ年の平均値。  地方債協議制度の下で、18%以上の団体は、地方債の発行に際し許可が必要となり、18%未満の団体にあっては、協議のみとなります。
 
将来負担比率
一般会計等が将来負担すべき実質的な負債額を算出し、標準財政規模に占める割合を計算したものです。
 
財政力指数
地方公共団体の財政力を示す指数で、基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た数値の過去3年間の平均値。 財政力指数が高いほど(1に近いほど)財源的に余裕があるといえます。
 
経常収支比率
地方公共団体の財政構造の弾力性を判断するための指標で、人件費、扶助費、公債費のように毎年度経常的に支出される経費(経常的経費)に充当された一般財源の額が、地方税、普通交付税を中心とする毎年度経常的に収入される一般財源(経常一般財源)、減税補てん債及び臨時財政対策債の合計額に占める割合。 この指標は普通会計において、経常的経費に経常一般財源収入がどの程度充当されているかを見るものであり、比率が高いほど財政の硬直化が進んでいることを表しています。

公開資料

中野市の財政状況等一覧表(PDF形式)

注意事項

  • 各数値については、百万円単位で表記としているため、端数処理により数値の計が合わない場合があります。
  • 内訳の各会計数値は、純計操作(会計間の金額やり取りの相殺)前の金額を記載しています。
  • 第三セクターについて、出資割合が25%以下の法人については掲載していません。
  • 「公営企業会計等の財政状況」における括弧書きの特別会計については、公営企業地方財政状況調査会計区分に基づく金額を計上いたしました。
  • 「一般会計等」と「普通会計」は、本来、対象となる会計に違いが生じる場合がありますが、中野市の場合は、「一般会計等」と「普通会計」は同じ会計が対象となっているため、違いは生じません。

お問い合わせ

財政係
TEL:0269-22-2111(221)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ