★ふしぎなかたち まが玉ってな~んだ★
※ 参考写真です。
これは中野市内の遺跡で見つかったもの。どこの遺跡でしょう?
  勾玉(まがたま)を知っていますか?

ちょっとかわった形をしていますね。

中野市の遺跡(いせき)からも見つかっています。

まが玉ってなんだろう…?

実はまが玉はなぞだらけ!?

昔の人の気分になって、まが玉づくりにちょうせん!
日  時 5月18日(土) 午前9時30分~午後0時30分頃
参加人数 15名
材 料 費 280円
持 ち 物 とくになし
(けずり粉がでます。必要な方はエプロンなど)
このページのトップへ

★十三崖の伐採木でつくる木ぼりのチョウゲンボウ★
※参考写真です
国指定天然記念物である十三崖のチョウゲンボウ繁殖地
博物館のチョウゲンボウ。大人になりました!
  みなさんは十三崖を知っていますか?

チョウゲンボウが集団で住んでいる中野市にある十三崖は、世界的にもきちょうな場所です。

今回は十三崖でチョウゲンボウや他の鳥たちを観察したあと、十三崖から切ってきた木で木ぼりのチョウゲンボウをつくってみよう!

※午前中は十三崖チョウゲンボウ探鳥会にご参加いただ
 き、チョウゲンボウや他の鳥を観察します(終了後、
 午後1時までお昼休み)。午後は博物館で、木ぼりの
 チョウゲンボウを製作します。
 集合場所への送迎、博物館への移動は、各家庭でお願
 いします。
日 に ち 6月1日(土)
集合場所 十三崖対岸の河川 降り口
※高社大橋と夜間瀬橋の間、㈱市川商会さんの砂利プラントの
 前あたりに河川への降り口があります。
集合時間 午前9時15分
参加人数 3名
材 料 費 なし
持 ち 物 双眼鏡と鳥の図鑑(お持ちの方。双眼鏡は貸出もできま
す。)、屋外作業のできる服装
このページのトップへ

★キラキラ! 光のステンドグラス★
※ 参考写真です
色ガラスから好きな色をえらび、パズルのようにくみあわせて…
博物館のステンドグラス。どこにあるのかな?
  ステンドグラスは、ガラスをつなぎ合わせていろいろなもようをあらわしています。

絵やお話をあらわしているものもありますね。

色ガラスはそのままでもきれいですが、光があたると…キラキラしてもっときれい!

ガラスと光の生みだすこうかに注目!
日  時 6月29日(土) 午前9時30分~午後3時頃
参加人数 15名 ※小学4年生以上限定
材 料 費 750円
持 ち 物 うでがかくれる長さの服、ひざがかくれる長さの
エプロン、昼食(一日コースです)
このページのトップへ

☆まが玉づくり☆
※ 参考写真です   中野市内穴田育成会の皆さんの申込みにより実施しました。
日  時 7月28日(日)
参加人数 7名
材 料 費 280円
このページのトップへ

☆まが玉づくり☆
※ 参考写真です   中野市内北大熊育成会の皆さんの申込みにより実施しました。
日  時 7月29日(月)
参加人数 22名
材 料 費 280円
このページのトップへ

★アンギンあみ編み★
写真は、カラムシのせんいで編んだアンギン。カラムシは縄文時代からつかわれている植物のひとつです。
当日は、植物のカラムシからのせんいとり体験もする予定です。ランチョンマットくらいの大きさになるまで、がんばってあみましょう!
  「アンギン」って聞いたことありますか?
これは新潟県の妻有(つまり)という地域でつくられてきた編物の名前で、カラムシなどの植物のせんいを使ってあんだものです。

そのルーツは縄文時代にまでさかのぼるとされ、今私たちが着ている「衣」の元であるとも言われています。
「縄文人もこんな風にあんだ?」
そうぞうしながらやってみよう!

※当日はカラムシのせんいではなく、別の麻系のせんいで代用します。
日  時 7月31日(水) 午前9時30分~午後3時頃
参加人数 7名
材 料 費 100円
持 ち 物 昼食(一日コースです)
このページのトップへ

☆まが玉づくり☆
※ 参考写真です   中野市内小沼育成会の皆さんの申込みにより実施しました。
日  時 8月4日(日)
参加人数 4名
材 料 費 280円
このページのトップへ

★目指そう未来のロボコン戦士
        ~ロボット入門【上級編】~★
※参考写真です
※参考写真です
※参考写真です
上の写真は全部参考例です
  ロボットや装置を自分の思い通りに動かすために必要なプログラミングの基礎を体験!

今回は、ついに上級編です。今まで学んだプログラミングを思い出しながら、入力装置と出力装置を使って動かしてみましょう。

●入力装置●
 (スイッチ・温度センサー・赤外線距離センサー・超音波
  距離センサー・人体検出センサー・方位センサー・加速
  度センサーなど)

●出力装置●
 (LED・LCD(小型液晶表示器)・DCモータ・ステッピングモ
  ータ・サーボモータ・スピーカなど)

●作成例(右下の写真)●※参考例です
 (温度の変化により違う音を出す、赤外線距離センサーで
  DCモータを正転・逆転、超音波距離センサーで身長計な
  どを作成、人体検出センサーで防犯灯などを作成)

さあ、思い通りに動くでしょうか? このシリーズに継続して参加することで、ロボットづくりの基礎が学べます。

★初級・中級編も同時に開催できます。希望される方は、申し込みの際にその旨をお伝えください(初級編はLED、中級編は温度センサーを働かせるプログラムづくりに挑戦します)。
日  時 全5回 午前9時30分~お昼頃
 第1回 8月7日(水)、第2回 8日(木)、
 第3回 9日(金)、第4回 10日(土)、第5回 11日(日)
参加人数 5名
材 料 費 上級編 1,500円、中級編 1,350円、初級編 1,300円
持 ち 物 初・中級編で使用した材料一式(一部を上級編でも
使用します)、USBメモリ(1GB以上)、単3乾電池4本、
ノートパソコン(お持ちの方)
このページのトップへ

★藍(あい)の葉っぱで生葉ぞめ★
今回は、上から4番目くらいの濃さに染まるようチャレンジします。
しぼり染めにもちょうせん!当日は、生の藍を収穫して使います。葉は緑なのに、青く染まるのかな?
  もんだいです。左の写真のどれが「あいぞめ」の布でしょう?

正解は、ぜんぶ!うすい色からこい色まで、落ち着いたきれいな青色がならんでいます。

かつて日本の人達にとって一番なじみのある青い布といったらこの藍染めの布でした。日本らしいおもむきのあるものを「和」のものといいますが、この藍の青い色から「和」のおもむきをかんじる人も多いかもしれません。

今回は生の藍の葉っぱを使って、藍染めにちょうせんします。うまく染まるかな?
日  時 8月19日(月) 午前9時30分~お昼頃
参加人数 9名
材 料 費 670円
持 ち 物 ゴム手袋、エプロン(汚れてもよい
服装でおこしください。)
このページのトップへ

★古代人の宝物 青いガラスのビーズ★
※ 参考写真です
写真のビーズは、中野市内の古墳から発掘された昔のガラスのビーズ。今みなさんがお店で買えるビーズとくらべてどうでしょう?
  数千年まえからつかわれているガラス。

大陸からつたわり、古代の日本でも大切にされていました。

中野市でも、青いガラスのビーズが発掘されています。

この大事な宝物を、古代人はどのように身につけていたのでしょうか?
日  時 9月1日(日) 午前9時30分~お昼頃
参加人数 17名
材 料 費 320円
持 ち 物 とくになし
このページのトップへ

★山でひろった木や木の実でつくるお星さまのリース★
山に落ちているただの木も、工夫すればすてきなリースに変身!※参考写真です

これがセイタカアワダチソウ。みんなのお家のまわりにもあるかな?
  外来植物を知っていますか?もともと日本にはなく海外から入ってきた植物で、ちいきの自然環境に悪い影響を与えることがあります。

秋に黄色い花をつけるセイタカアワダチソウもそのひとつ。日本にもともとあった植物をおしのけてどんどんふえている困りものです。

博物館のある「ふるさとの森文化公園」にもいろいろな外来植物が入りこんでいます。

今回は森での素材さがしとあわせて、みなさんに文化公園の森を守るお手伝いもお願いしたいと思っています。

外来植物をこれ以上ひろげないために外来植物を退治したり、貴重な植物のじゃまになっている草を刈ったりしながらリースの材料を集めましょう。

森歩きと森を守る作業のおみやげで、ステキなリースをつくっちゃおう!
日  時 10月20日(日) 午前9時30分~午後2時30分頃
※午前中は植物観察会に参加し、外来植物について学ん
 だり環境管理をしながら材料の木等をひろい集めます。
 午後はその材料等を使って制作します。
参加人数 3名
植物観察の
先生
清水照雄先生
材 料 費 なし
持 ち 物 昼食(1日コースです。 間にお昼休みを1時間とりま
す。)、屋外作業のできる服装(長ぐつ、長袖・長ズボ
ン、ぼうし、タオル、飲みもの等)
このページのトップへ

★ふわっふわのわたつむぎ★
フワフワのわたから、めんの糸はできています。綿くり機を使って、綿と種を分けるところからスタート!

綿の実がはじけたところ。

古い糸車をつかった糸つむぎも体験します。じょうずにできるかな~?
  「綿100%」の服。この服の素材である綿は、写真の「わた」からできています。わた→糸→布→服となります。

今年、博物館では長野県の在来種の和綿のタネをまきました。夏にはきれいな花が咲き、たくさんのコットンボールがつきました。秋にしゅうかくする予定です。

今回は、このわたをかんたんなコマや糸車をつかって、自分の手で糸をつむいでみましょう。どうやって糸はできるのでしょう?昔の人が使っていた道具はどんなのだろう?綿くり、糸つむぎ…自分でつくる手づくりの糸にちょうせん!

どうやって糸はできるのでしょう?昔の人が使っていた道具はどんなのだろう?綿くり、糸つむぎ…自分でつくる手づくりの糸にちょうせん!

日  時 11月30日(土) 午前9時30分~午後3時頃
集合場所 (仮称)山田家資料館 【住所】中野市江部46-3
※今回は(仮称)山田家資料館の蔵(明治13年建造)で開催!
参加人数 5名 ※小学4年生以上限定
材 料 費 20円
持 ち 物 昼食(1日コースです。 間にお昼休みを1時間とります。)
このページのトップへ

★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのロウソク★
つくったロウソクは、実際にもやせます。※参考写真です

ミツロウは、ミツバチの巣からとれる天然のロウです。
  しつもん!「ロウソクはなぜもえる?」

…ロウソクがもえるのはあたりまえ。

でも、気にもとめないあたりまえのことをあらためてきかれると…

あれ?なんだかうまくせつめいできない…?

このキッズ・アカデミーに参加すると、そのギモンがスッキリ!かいけつするかも!

※ロウソクの色はえらべません。
日  時 12月14日(土) 午前9時30分~お昼頃
参加人数 15名
材 料 費 500円
持 ち 物 とくになし
このページのトップへ

★冬の星空を撮る!★ ※★アイソン彗星を撮る!★から変更しました
※参考写真です。博物館のプラネタリウムを撮影した写真です。   全世界で期待していたアイソン彗星が、先日、太陽に最接近した際に崩壊してしまい、予定していた★アイソン彗星を撮る!★が開催できなくなりました。
つきましては、同一日時で内容を変更して★冬の星空を撮る!★を開催します。
なお、当日は、【ほしぞら観望会】 冬の星空をみよう!に参加し、星空の観察をしながら写真撮影します。
日  時 12月23日(月・祝) (予備日12月25日(水))
   午後6時半~8時半頃
※【ほしぞら観望会】 冬の星空をみよう!に参加し、
 星空の観察をしながら写真撮影します。
※当日、雨や雲などで空が見えない場合は中止です。
参加人数 0名 ※小学4年生以上限定・保護者同伴
材 料 費 なし
持 ち 物 屋外観察の出来る服装、カメラ(デジタル一眼レフカメラ、
デジタルコンパクトカメラのいずれでもよいが、
下の印の条件を満たすカメラをご用意ください)、三脚、
お持ちの方はリモコン(レリーズ)と予備のバッテリー
※用意するカメラ
 ①マニュアル撮影のできるもの
  ・シャッタースピード(露出時間)をB(バルブ)もしくはT
   (タイム)に設定できるもの。BやTの機能がない場合は
   5秒以上の露出に設定できるもの。
  ・絞り(F値)を開放に設定できるもの
 ②オートフォーカスモード(AF)を解除し、ピントを無限大
  に設定できるもの
 ③レンズは標準か広角レンズ
 ④ISO感度800以上に設定できるもの

★お持ちのカメラの機能や設定方法などは、カメラ付属の取扱
 説明書や各カメラメーカーへお問い合わせください。
このページのトップへ

☆まが玉づくり☆
※ 参考写真です   中野市内桜沢子供会の皆さんの申込みにより実施しました。
日  時 平成26年1月13日(月・祝)
参加人数 15名
材 料 費 280円
このページのトップへ

★ちいさなミニ・ワラ馬づくり★
小沼の餅かえ行事で使うワラ馬の実際の大きさは40㎝くらい。今回はミニサイズのワラ馬を作ります。

手のりワラ馬!
  お米をつくったときにできるワラ。

実はとってもべんりで、いろんな道具をつくることができます。

クツや手ぶくろ、ネコ小屋もあるんです!

そのなかでもワラ馬はめでたいエンギモノ。

さあ、ワラをつかって、みんなでつくってみよう!
日  時 2月9日(日) 午前9時30分~午後3時頃
参加人数 10名
材 料 費 50円
持 ち 物 昼食(1日コースです。 間にお昼休みを
1時間とります。)
このページのトップへ

☆墨流し☆
  中野市内延徳小学校6年生の方からの申し込みで実施しました。
日  時 3月7日(金) 午前9時30分~お昼頃
参加人数 36名
材 料 費 770円
このページのトップへ

★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのロウソク★
つくったロウソクは、実際にもやせます。※参考写真です

ミツロウは、ミツバチの巣からとれる天然のロウです。巣をしきるカベや、ハチミツにふたをしているのがミツロウです。※参考写真です
  しつもん!「ロウソクはなぜもえる?」

…ロウソクがもえるのはあたりまえ。

でも、気にもとめないあたりまえのことをあらためてきかれると…

あれ?なんだかうまくせつめいできない…?

このキッズ・アカデミーに参加すると、そのギモンがスッキリ!かいけつするかも!

※ロウソクの色はえらべません。
日  時 3月8日(土) 午前9時30分~お昼頃
参加人数 15名
材 料 費 500円
持 ち 物 とくになし
このページのトップへ

☆まが玉づくり☆
※ 参考写真です   中野市内南宮中学校の皆さんの申込みにより実施しました。
日  時 3月10日(月)
参加人数 8名
材 料 費 280円
このページのトップへ

★目指そう未来のロボコン博士
  ~ロボット入門【初・中・上級編】~★
※参考写真です   ロボットやさまざまな装置を自分の思い通りに動かすために必要な、プログラムづくりの基礎を体験してみましょう!

ボードへの配線、パソコンを使ってのプログラミング作業…LEDや温度センサー、DCモーターは正しく動いてくれるでしょうか?

このシリーズに継続して参加することで、ロボットづくりの基礎が学べます。
日  時 全5回 午前9時30分~お昼頃
 第1回 3月21日(金・祝)、第2回 3月22日(土)、
 第3回 3月23日(日)、第4回 3月24日(月)、
 第5回 3月26日(水)
コ ー ス 初級編:LEDをさまざまなパターンで光らせるプログラム
    づくり
中級編:デジタル温度センサーをはたらかせるプログラム
    づくり
上級編:DCモーターを回転させるプログラムづくり
参加人数 延べ38名 ※小学4年生以上限定
 ※お申し込みの際に、ご希望されるコース(初・中・上級編いず
  れか)をお伝えください。ただし、初級編を終了しないと中級
  編にお申込みいただけません。同様に、中級編を終了しない
  と上級編にお申込みいただけません。初めて参加される場合
  は初級編からのスタートとなります。
材 料 費 〈初級編〉1,300円
〈中級編〉1,350(初級編で使用した材料のほか追加分)
〈上級編〉1,500円(初・中級編で使用した材料のほか
      追加分)
持 ち 物 〈初・中・上級編共通〉USBメモリ(1GB以上)、単3乾電池
     4本、ノートパソコン(お持ちの方)
〈中・上級編のみ〉初・中級編で使用した材料一式(一部を
     中・上級編でも使用するため)
このページのトップへ

★★手づくりラジオと「謎の電波をさがせ!」★
※参考写真です

※参考写真です
  テレビやケイタイ電話に使われている電波。

電波という名前は知っていても、電波は目には見えません。

じつは、たくさんの電波が私たちのまわりにあるのです。

その電波をキャッチできるのがラジオ。

FMラジオをつくって、博物館にかくされた謎の電波をさがしだそう!
日  時 3月29日(土) 午前9時30分~午後3時頃
参加人数 6名
材 料 費 1,800円
持 ち 物 単3乾電池3本、お昼
このページのトップへ
★ふしぎなかたち まが玉ってな~んだ★ (5月18日(土))
★十三崖の伐採木でつくる木ぼりのチョウゲンボウ★ (6月1日(土))
★キラキラ! 光のステンドグラス★ (6月29日(土))
☆まが玉づくり☆ (7月28日(日))
☆まが玉づくり☆ (7月29日(月))
★アンギンあみ編み★ (7月31日(水))
☆まが玉づくり☆ (8月4日(日))
★目指そう未来のロボコン戦士
 ~ロボット入門【上級編】~★ (8月7日(水)~11日(日)の5日間)
★藍の葉っぱで生葉ぞめ★ (8月19日(月))
10 ★古代人の宝物 青いガラスのビーズ★ (9月1日(日))
11 ★山でひろった木や木の実でつくるお星さまのリース★ (10月20日(日))
12 ★ふわっふわのわたつむぎ★ (11月30日(土))
13 ★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのロウソク★(12月14日(土))
14 ★冬の星空を撮る!★ ※★アイソン彗星を撮る!★から変更しました
 (12月23日(月・祝) 予備日12月25日(水))
15 ☆まが玉づくり☆ (平成26年1月13日(月・祝))
16 ★ちいさなミニ・ワラ馬づくり★ (2月9日(日))
17 ☆墨流し☆ (3月7日(金))
18 ★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのロウソク★(3月8日(土))
19 ☆まが玉づくり☆ (3月10日(月))
20 ★目指そう未来のロボコン博士~ロボット入門【初・中・上級編】~★ (全5回:3月21日(金・祝)、22日(土)、23日(日)、24日(月)、26日(水))
21 ★手づくりラジオと「謎の電波をさがせ!」★ (3月29日(土))
キッズ・アカデミー 平成25年度開催済一覧
キッズアカデミーチラシ キッズアカデミー平成25年度初夏のチラシ クリックすると拡大画像が見られます。 キッズアカデミー平成25年度夏のチラシ クリックすると拡大画像が見られます。 キッズアカデミー平成25年度秋のチラシ クリックすると拡大画像が見られます。 キッズアカデミーの様子 ★十三崖の伐採木でつくる木ぼりのチョウゲンボウ★(7月16日)の様子
トップページへ移動 展示情報へ移動 キッズアカデミーへ移動 みんなで研究へ移動 学芸員と学ぶへ移動 プラネタリウムへ移動 マップへ移動 ご利用のご案内へ移動 リンク集へ移動 刊行物案内へ移動
博物館概要

 中野市立博物館
 長野県中野市片塩1221
 北信濃ふるさとの森
      文化公園内

 TEL 0269-22-2005
 FAX 0269-22-2005
トップページへ移動展示情報へ移動キッズアカデミーへ移動みんなで研究へ移動学芸員と学ぶへ移動プラネタリウムへ移動