☆ みつろうくるくる! まいてロウソクづくり ☆
つくるロウソク   中野市内の方からの申し込みで実施しました。
日  時 5月29日(日)
参加人数 28名
材 料 費 2本で540円
このページのトップへ

 ★ ふしぎなかたち まが玉ってな~んだ ★
まが玉   勾玉(まがたま)を知っていますか?

ちょっとかわった形をしていますね。

中野市の遺跡からも見つかっていますよ。

まが玉ってなんだろう…?

昔の人の気分になって、まが玉づくりにちょうせん!
日  時 7月9日(土) 午前9時30分~
参加人数 20名
材 料 費 280円(勾玉1個、管玉2個)
持 ち 物 特になし(必要な方はエプロンなど)
このページのトップへ

 ★ お星さまみつけよう!手づくりプラネタリウム ★
手づくりプラネタリウム(イメージ)   晴れた日の夜は空を見上げてみましょう。
いつの世も変わらず、夜空の星はきっと美しく輝いていたことでしょう。
そんな星々のきらめきに、はるか昔から私たちはさまざまな思いをかさねあわせてきました。
神話や星座、民話や言い伝えなど、星にまつわるお話はた~くさん!
でも、そんなお星さまの正体は…?知りたいですか?知りたくないですか?
日  時 7月27日(水) 午前9時30分~
参加人数 14名
材 料 費 1,500円(手づくりプラネタリウム
      工作セット1セット)
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

 ★ キラキラ!光のステンドグラス ★
ステンドグラス(参考)   そのままでもきれいな色のついたガラス。

でも、光があたると…もっときれい!

わたしたちにたくさんの色を見せてくれる「光」に注目!
日  時 8月4日(木) 午前9時30分~
          (一日コースです)
参加人数 15名(4年生以上が対象)
材 料 費 750円(フットライト1個)
持 ち 物 高温のハンダごてを使いますので、
長袖の服(腕をガードできるもの)。
昼食
このページのトップへ

 ☆ 電子工作 ☆
  中野市内の方からの申し込みで実施しました。
日  時 8月7日(日)
参加人数 24名
材 料 費 2本で540円
このページのトップへ

 ☆ みつろうくるくる! まいてロウソクづくり ☆
つくるロウソク   中野市内の方からの申し込みで実施しました。
日  時 8月8日(月)
参加人数 21名
材 料 費 2本で540円
このページのトップへ

 ★ 水のかたち?ゆらゆらすみながし ★
すみながし   和紙に金銀をまいたり、色のちがう和紙をついでみたり…
見た目にもきれいで手のこんだ和紙をつくり、人びとは
昔から楽しんできました。
その和紙をかざる方法の一つが墨流し(すみながし)です。
白い和紙を、自分色にそめちゃおう!
日  時 8月11日(木) 午前9時30分~
参加人数 11名
材 料 費 840円(マーブリングセット1個)
持 ち 物 新聞紙1部、エプロン
このページのトップへ

 ☆ 紙タケトンボ ☆
  県外の方の申し込みで実施しました。
日  時 8月24日(水)
参加人数 153名
材 料 費 2本で540円
このページのトップへ

 ☆ キラキラ!光のステンドグラス ☆
ステンドグラス(参考)   そのままでもきれいな色のついたガラス。

でも、光があたると…もっときれい!

わたしたちにたくさんの色を見せてくれる「光」に注目!
日  時 8月27日(土) 午前9時30分~
          (一日コースです)
参加人数 30名(4年生以上が対象)
材 料 費 750円(フットライト1個)
持 ち 物 高温のハンダごてを使いますので、
長袖の服(腕をガードできるもの)。
昼食
このページのトップへ

 ★ ゲイジュツ!縄文土器づくり ★
縄文土器   さまざまな形や文様で装われた縄文土器。

縄文人たちは土器に何を込めたのでしょう?

土をこねこね土器野焼き。

縄文人の土器づくりにちょうせん!

ねんどがあまったら、土鈴づくりにちょうせん!

※作品は10/29(土)に野焼きしました。
日  時 9月23日(金・祝) 午前9時30分~
参加人数 4名
材 料 費 900円
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

 ★ 縄文もようのプレートづくり ★
縄文もようのプレート   「縄文」とはいっても、一口には言えないほどいろ~んな文様があるのをしっていますか?
自分の手でヒモをよって、縄文の文様をつくってみましょう。
縄文人のアタマの中を探検だ~!

※作品は10/29(土)に野焼きしました。
日  時 9月24日(土) 午前9時30分~
参加人数  名
材 料 費 600円
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

 ☆ 紙タケトンボ ☆
  中野市内の方の申し込みで実施しました。
日  時 10月5日(水)
参加人数 108名
材 料 費 2本で540円
このページのトップへ

 ★ 土器の野焼き ★
土器の野焼き   自分の作品は自分で焼こう!
上手に焼けるかは神のみぞ知る…?

※屋外で火をあつかう作業となります。
日  時 10月29日(土) 午前10時~(一日コースです)
※雨天の場合は10月30日(日)に順延します。
持 ち 物 昼食、水筒、タオル、ぼうし、長そでの服、長ズボン
など(動きやすい服装でお願いします)
このページのトップへ

 ★ 縄文人も食べた?どんぐりのクッキー ★
どんぐりのクッキー?   全国の縄文時代の遺跡からは、炭のようにまっ黒になった「クッキー状炭化物」と呼ばれているものが出土しています。
これを分析してみると、ドングリ系のデンプンが主な成分であることが分かりました。
これを参考にクッキーをつくってみましょう。
縄文人はどんなものを食べていたのかな?

※生地作りからすべて屋外で作業します。保護者の方にもたき火の管理やクッキー焼などお手伝いいただきます。
日  時 10月29日(土) 午前10時~(一日コースです)
※雨天の場合は10月30日(日)に順延します。
参加人数 7名
材 料 費 なし
持 ち 物 昼食、水筒、手ふき用タオル、エプロン、
ぼうし又は髪をまとめるもの(バンダナ)など
このページのトップへ

 ★ アンギン編みあみ ★
アンギン編み(参考)   「アンギン」って聞いたことある?
これは新潟県の妻有(つまり)という地域でつくられてきた編物の名前で、カラムシなどの植物のせんいを使ってあんだものです。
そのルーツは縄文時代にまでさかのぼるとされ、今私たちが着ている「衣(ころも)」の元であるとも言われています。
「縄文人もこんな風にあんだ?」そうぞうしながらやってみよう!
当日は、アンギンの編み方でランチョンマットを作ります。仕上がりはお楽しみに!

※当日はカラムシの繊維ではなく、別の麻系の繊維で代用します。
日  時 11月26日(土) 午前9時30分~(一日コースです)
参加人数 10名
材 料 費 200円(ランチョンマット1枚)
持 ち 物 昼食
このページのトップへ

★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのろうそく★
くるくるミツロウのろうそく ※ミツロウは、ミツバチの巣からとれます。もし口に入ったとしても、安全な種類の天然のロウです。   しつもん!「ロウソクはなぜもえる?」…ロウソクがもえるのはあたりまえ。
でも、気にもとめないあたりまえのことをあらためてきかれると…あれ?なんだかうまくせつめいできない…?
このキッズ・アカデミーに参加すると、そのギモンがスッキリ!かいけつするかも!

 ※ロウソクの色はえらべません。
 ※ロウソクは一人2本つくります。
日  時 12月23日(金・祝) 午前9時30分~
参加人数 15名
材 料 費 500円
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

★ソーラーカーをつくろう★
ちいさなソーラーカー。レースのときは、どうか晴れますように~。   地球にはいろいろなエネルギーの素があります。
私たちはべんりな生活をするために、それらを電気エネルギーにかえて毎日つかっています。
石油から火力発電、ウラン鉱石から原子力発電などなど。
そんな中、現在注目されているのが人間にも自然にもやさしいエネルギー。
いろいろある中で、今回は太陽のもつ光エネルギーをつかった、ソーラー発電をとりあげます。
ソーラーカーができたら、ソーラーレーススタート!
日  時 1月14日(土) 午前9時30分~
参加人数 11名
材 料 費 700円
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

☆ふわっふわのわたつむぎ☆
フワフワのわたから糸はできています。綿くり機を使って、綿と種を分けるところからスタート!   「綿100%」の服。この服の原料である綿は、上の写真の「わた」からできています。わた→糸→布→服となります。
博物館ではタネから綿を育て、秋にしゅうかくしました。
今回は、このわたとかんたんなコマをつかって、自分の手で糸をつくってみましょう。
どうやって糸はできるのか?昔の人が使っていたていた道具はどんなのだろう?
綿くり、糸つむぎ…自分でつくる手づくりの糸にちょうせん!

中野市内の方の申し込みで実施しました。
日  時 2月10日(土) 午前9時30分~(一日コースです)
参加人数 1名
材 料 費 20円
持 ち 物 昼食
このページのトップへ

★江戸すごろく みんなで江戸じだいへタイムトラベル?★
サイコロ   今ではお正月の遊びのひとつとされる「すごろく」。
みんなはお家ですごろくをしますか?
江戸時代の子どもは、すごろくをたのしみながら、社会のしくみなどもまなんでいたようです。一石二鳥だったのですね。
みんなも江戸時代の子どもになりきって、めざせ!一番のり!
日  時 2月11日(土) 午前9時30分~
参加人数 8名
材 料 費 なし
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

★ワラ馬・ワラツトづくり★
じっさいのワラ馬は大きさ40㎝くらい!今回はミニサイズのワラ馬をつくります。   お米をつくったときにできるワラ。
実はとってもべんりで、いろんな道具をつくることができます。クツや手ぶくろ、ネコ小屋もあるんです!
そのなかでもワラ馬はめでたいエンギモノ。
ワラツトは今でいう小袋です。おぬまのもちかえ行事は、これにおもちをいれてこうかんします。こうかんしたおもちを食べると…いいことがあるかも!?
さあ、ワラをつかってみんなでつくってみよう。
日  時 2月25日(土) 午前9時30分~
参加人数 8名
材 料 費 300円
持 ち 物 特になし
このページのトップへ

★ふわっふわのわたつむぎ★
フワフワのわたから糸はできています。綿くり機を使って、綿と種を分けるところからスタート!   「綿100%」の服。この服の原料である綿は、上の写真の「わた」からできています。わた→糸→布→服となります。
博物館ではタネから綿を育て、秋にしゅうかくしました。
今回は、このわたとかんたんなコマをつかって、自分の手で糸をつくってみましょう。
どうやって糸はできるのか?昔の人が使っていたていた道具はどんなのだろう?
綿くり、糸つむぎ…自分でつくる手づくりの糸にちょうせん!

※1日コースです。間にお昼休みを1時間とります。
日  時 3月10日(土) 午前9時30分~
   (一日コースです)
参加人数 15名
材 料 費 20円
持 ち 物 昼食
このページのトップへ

★ロボット入門~プログラミング~★
  めざせエンジニア!
まずは第一段階として、ロボットをうごかすためにひつようなコンピュータ用のプログラムを本物のIC回路にかきこみます。

※全5回の講座です。
日  時 全5回
 第1回 3月24日(土)
 第2回 3月25日(日)
 第3回 3月26日(月)
 第4回 3月28日(水)
 第5回 3月29日(木)
  各回とも午前9時30分~
参加人数 延べ32名
材 料 費 1,300円
持 ち 物 USBメモリー(1GB以上)、
パソコン(お持ちの方)
このページのトップへ
☆みつろうくるくる! まいてロウソクづくり☆ (5月29日(日))
★ふしぎなかたち まが玉ってな~んだ★ (7月9日(土))
★お星さまみつけよう!手づくりプラネタリウム★ (7月27日(水))
★キラキラ!光のステンドグラス★ (8月4日(木))
☆電子工作☆ (8月7日(日))
☆みつろうくるくる! まいてロウソクづくり☆ (8月8日(月))
★水のかたち?ゆらゆらすみながし★ (8月11日(木))
☆紙タケトンボ☆ (8月24日(水))
☆キラキラ!光のステンドグラス☆ (8月27日(土))
★ゲイジュツ!縄文土器づくり★ (9月23日(金・祝))
★縄文もようのプレートづくり★ (9月24日(土))
☆紙タケトンボ☆ (10月5日(水))
★土器の野焼き★ (10月29日(土))
★縄文人も食べた?どんぐりのクッキー★ (10月29日(土))
★アンギン編みあみ★ (11月26日(土))
★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのろうそく★
                     (12月23日(金・祝))
★ソーラーカーをつくろう★ (1月14日(土))
☆ふわっふわのわたつむぎ☆ (2月10日(金))
★江戸すごろく みんなで江戸じだいへタイムトラベル?★
                     (2月11日(土))
★ワラ馬・ワラツトづくり★ (2月25日(土))
21 ★ふわっふわのわたつむぎ★ (3月10日(土))
22 ★ロボット入門 ~ プログラミング ~★
             (3月24日(土)~3月29日(木)全5回)
キッズ・アカデミー 平成23年度開催済一覧
キッズアカデミーチラシ キッズアカデミー平成23年度7・8月チラシ クリックすると別ウインドウで拡大画像が見られます。 キッズアカデミー平成23年度9~11月チラシ クリックすると別ウインドウで拡大画像が見られます。 キッズアカデミーの様子 ★縄文人も食べた?どんぐりのクッキー★(10月29日(土))の様子
トップページへ移動 展示情報へ移動 キッズアカデミーへ移動 みんなで研究へ移動 学芸員と学ぶへ移動 プラネタリウムへ移動 マップへ移動 ご利用のご案内へ移動 リンク集へ移動 刊行物案内へ移動
博物館概要

 中野市立博物館
 長野県中野市片塩1221
 北信濃ふるさとの森
      文化公園内

 TEL 0269-22-2005
 FAX 0269-22-2005
トップページへ移動展示情報へ移動キッズアカデミーへ移動みんなで研究へ移動学芸員と学ぶへ移動プラネタリウムへ移動