★ ちょうげんぼうしでチョウゲンボウにヘンシンだ! ★
ちょうげんぼうし 中野市の鳥・チョウゲンボウ。
みなさんは見たことがありますか?

鳥博士のチョウゲンボウについてのお話をききながら、チョウゲンボウそっくり!?の帽子をつくっちゃおう!
日  時 5月29日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 11名
材 料 費 200円
このページのトップへ

 ★ 色の三原色で、いろいろ色色 ★
いろいろ色色 アカ・オレンジ・キ・ミドリ・アオ・ムラサキ…。
みなさんの絵の具箱にはいろんな色がならんでいると思います。

ここで、アカ・アオ・キの3色を用意してみましょう。
そうすると、あらフシギ!?実はこの3色から、たくさんの色がつくれちゃうんです!

自分でつくったいろいろな色で、ハガキやコースターをかざろう!
日  時 6月12日(日) 午後1時30分~4時
参加人数 14名
材 料 費 530円
このページのトップへ

 ☆ 土偶をつくろう! ☆
  中野市立科野小学校3学年親子レクレーションとして申し込みいただき、実施しました。
日  時 6月23日(土)
参加人数 23名
材 料 費 500円
このページのトップへ

 ★ ふしぎな形 まが玉ってなんだ? ★
まが玉 勾玉(まがたま)を知っていますか?
ちょっとかわった形をしていますね。
中野市でも遺跡から見つかっています。

勾玉って一体何なのか?
昔の人の気分になって、ちょっと考えながら勾玉をつくってみよう!
日  時 6月26日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 15名
材 料 費 420円
このページのトップへ

 ★ ヨーロッパまで伝わった?? 日本のすみながし(墨流し) ★
すみながし(墨流し) 白い紙にちょっと手を加えた、見た目にもきれいな和紙。
そういった美しい和紙をつかって、日本の人は昔から楽しんできました。

その和紙を飾る方法の一つが墨流し(すみながし)です。
白い和紙を、自分色にそめちゃおう!
日  時 7月10日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 11名
材 料 費 810円
このページのトップへ

 ☆ まが玉づくり ☆
まが玉 7月23日(土)、中野市立中野小学校6年生の学習として申し込みいただき、実施しました。

8月25日(水)、東京都小平市・丸山幼稚園から申し込みいただき、実施しました。
日  時 7月23日(土) 8月25日(水)
参加人数 30名 143名
材 料 費 150円 200円
このページのトップへ

 ★ きらきら光!光とガラスのステンドグラスたいけん ★
りんごのステンドグラス そのままでもきれいな、色のついたガラス。

でも、光があたると…もっときれい!

わたしたちにたくさんの色を見せてくれる「光」に注目!

※こちらの募集対象は、小学校4年生以上の児童です。
日  時 ①7月29日(木) ②8月4日(水)
各日とも午後1時30分~4時
参加人数 計13名
材 料 費 1,260円
このページのトップへ

 ★ 和紙づくり!! ★
和紙と和紙の原料 日本のくらしの中でさまざまに使われている和紙。
何からできているか知っていますか?
どのようにして和紙ができあがるか、ちょっとだけたいけん!

※バスでいいやまの和紙工房をたずね、紙すきなどを体験します。(乾燥時間が必要なため、すいた和紙の当日持ち帰りはできません。8月9日の「自分ですいた和紙で、おてがみ!」の際にお渡しします。)
日  時 8月6日(金) 午後1時~5時
参加人数  
材 料 費 1,000円
(A3大の和紙を数枚手漉きします)
  都合により中止しました
このページのトップへ

 ★ 自分ですいた和紙で、おてがみ! ★
古文書 ※「和紙づくり!!」とセットのキッズ・アカデミーです。

昔の人は、和紙に墨で文字を書きました。
やくそくごとを書いたり、かぞくや友だちにだす手紙まで、内容はいろいろ!

墨と筆、それから自分ですいた和紙をつかって、手紙を書いちゃおう!
できたものは、あとでポストへいれてみよう!

※「自分ですいた和紙で、おてがみ!」では「和紙づくり!!」の時にすいた和紙を使いますので、お申し込みの方は8月6日・9日の両日にご参加ください
日  時 8月9日(月) 午後1時30分~4時
参加人数  
材 料 費 なし
  都合により中止しました
このページのトップへ

 ★ さばくの青をうつした弥生人の宝物・ガラスのビーズ ★
青いガラスのビーズ 数千年前からつかわれているガラス。

大陸から伝わり、弥生時代の日本でも大切にされていました。

この大事な宝物を、弥生人はどのように身につけていたのでしょうか?
日  時 9月4日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 15名
材 料 費 500円
このページのトップへ

 ★ ゲイジュツ!縄文土器づくり ★
縄文風土器 さまざまなかたちや文様で装われた縄文土器。
縄文人たちは土器に何をこめたのでしょう?

土をこねこね、土器野焼き。
縄文人の土器づくりにちょうせん!

※お申し込みの方は、土器づくり・土器野焼きの両日ご参加ください。
日  時 「土器づくり」 9月25日(土) 午後1時30分~4時
「土器野焼き」 10月23日(土) 午前10時~午後4時
参加人数 計14名
材 料 費 900円
持 ち 物 「野焼き日」水筒、ぼうし、タオル
このページのトップへ

 ★ ちょうげんぼうとあそぼう! ★
長野県から保護・飼育を委託されたチョウゲンボウ 中野市の鳥・チョウゲンボウを知っていますか?
実は今、博物館には、長野県から保護・飼育を委託されたチョウゲンボウがいます。

チョウゲンボウとふれあいながら、チョウゲンボウについてくわしくなっちゃおう!
エサやり、水あび…タイミングがよければ羽のぬけかわるとこなど、ふだんは見ることのできない姿が見れちゃうかも!

チョウゲンボウを近くで観察しながら、鳥の紙飛行機にもちょうせん!
日  時 10月9日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 6名
材 料 費 20円
このページのトップへ

 ★ 縄文のクッキーづくり! ★
縄文のクッキーづくり! 全国の縄文時代の遺跡からは、炭のように真っ黒になった「クッキー状炭化物」と呼ばれているものが出土しています。
これを分析してみると、ドングリ系のデンプンが主な成分であることが分かりました。

これを参考に、縄文クッキーをつくってみましょう!
縄文人はどんなものを食べていたのかな?
日  時 10月23日(土) 午前10時~午後4時
参加人数 15名
材 料 費 なし
持 ち 物 エプロン、マスク、お弁当など
このページのトップへ

 ★ イシホウチョウ? イシ包丁? 石包丁って? ★
石包丁 石包丁。
これは、弥生時代の人が使った道具につけられた名前です。

名前のとおり、石でできたホウチョウ?
包丁だけに、何かを切ったのでしょうか?

この道具がどんなことに使われたのか、弥生時代の人々の生活を考えてみよう!
日  時 11月6日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 9名
材 料 費 330円
このページのトップへ

 ★ 色色ガラスのかけらでランプ ★
色色ガラスのランプ いろいろなガラスの小さなかけら。
たくさんあつめて、ランプの光でてらしてみると…「あら、とってもキレイ…!」
真っ暗やみの中で見ると、なんだかドキドキしませんか?

なんてことないガラスのかけらと光とが生み出すフシギなみりょく。
私たちをとりこにする美しいかたちを、自分でつくっちやおう!
日  時 11月27日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 15名
材 料 費 1,700円
このページのトップへ

 ★ くだもので、電子オルゴール!? ★
電気がある生活って、とってもべんり!
テレビ、冷蔵庫、せんたく機、エアコン、パソコン、ゲーム機、信号、電車…ぜんぶ電気がないと動きません。

なにより、電気がなければ毎日やってくる暗~い夜を、どうやって明るくしよう…ロウソク? 電気にくらべると、ちょっと心ぼそいかも…。
とってもべんりな電気ですが、電気って一体どうやってできるの?

電子工作でオルゴールをつくって、いろいろ実験してみよう!
日  時 12月11日(土) 午後1時30分~4時
参加人数 15名
材 料 費 500円
このページのトップへ

 ★ ロウソクはなぜもえる? くるくるミツロウのロウソク ★
「ロウソクはなぜもえる?」
ロウソクがもえるのはあたりまえ。
でも、気にもとめないあたりまえのことをあらためてきかれると…あれ? なんだかうまくせつめいできない…?

このキッズ・アカデミーに参加すると、そのギモンがスッキリ!かいけつするかも!
日  時 12月23日(祝) 午後1時30分~4時
参加人数 15名
材 料 費 500円
※ ロウソクの色はえらべません。
※ ロウソクは一人2本つくります。
このページのトップへ

 ★ ふわっふわのわたつむぎ ★
綿繰り機 綿100%の服。この服の原料である綿は、「わた」からできています。わた→糸→布→服となります。
博物館ではタネから綿を育て、去年の秋にはたくさんの綿をしゅうかくすることができました。
今回は、このわたとかんたんなコマをつかって、自分の手で糸を作ってみましょう。
どうやって糸はできるのか? 昔の人が使っていた道具もみながら、綿のつみ取り、綿くり、糸つむぎ…自分で作る手づくりの糸にちょうせん!
日  時 3月12日(土) 午前10時30分~午後3時30分
※間にお昼休みを1時間とります。
参加人数 12名
材 料 費 20円
持 ち 物 昼食(必要な方)
  東日本大震災のため中止しました
このページのトップへ

 ★ アンギン編みあみ ★
アンギン編み(参考) 「アンギン」って聞いたことある?
これは新潟県の妻有(つまり)という地域でつくられていた編物の名前で、カラムシなどの植物のせんいを使ってあんだものです。
そのルーツは縄文時代までさかのぼるとされ、今私たちが着ている「衣(ころも)」の元であるとも言われています。
もしかしたら縄文人はこんな風にあんでいたのかな? そうぞうしながらやってみよう!

※当日はカラムシの糸ではなく別の繊維で代用します。
日  時 3月26日(土) 午前10時30分~午後3時30分
※間にお昼休みを1時間とります。
参加人数 8名
材 料 費 200円
持 ち 物 昼食(必要な方)
このページのトップへ
★ちょうげんぼうしでチョウゲンボウにヘンシンだ!★ (5月29日)
★色の三原色で、いろいろ色色★ (6月12日)
☆土偶をつくろう!☆ (6月23日)
★ふしぎな形 まが玉ってなんだろう?★ (6月26日)
★ヨーロッパまで伝わった??日本のすみながし(墨流し)★ (7月10日)
☆まが玉づくり☆ (7月23日・8月25日)
★きらきら光!光とガラスのステンドグラスたいけん★
                     (7月29日・8月4日)
★和紙づくり!!★ (8月6日)
★自分ですいた和紙で、おてがみ!★ (8月9日)
★さばくの青をうつした弥生人の宝物・ガラスのビーズ★ (9月4日)
★ゲイジュツ!縄文土器づくり★ (9月25日・10月23日)
★ちょうげんぼうとあそぼう★ (10月9日)
★縄文のクッキーづくり!★ (10月23日)
★イシホウチョウ? イシ包丁? 石包丁って?★ (11月6日)
★色色ガラスのかけらでランプ★ (11月27日)
★くだもので、電子オルゴール!?★ (12月11日)
★ロウソクはなぜもえる?くるくるミツロウのロウソク★ (12月23日)
★ふわっふわのわたつむぎ★ (3月12日)
★アンギン編みあみ★ (3月26日)
キッズ・アカデミー 平成22年度開催済一覧
キッズアカデミーチラシ キッズアカデミー平成22年度11・12月チラシ クリックすると別ウインドウで拡大画像が見られます。 キッズアカデミー平成22年度3月チラシ クリックすると別ウインドウで拡大画像が見られます。

キッズアカデミーの様子
トップページへ移動 展示情報へ移動 キッズアカデミーへ移動 みんなで研究へ移動 学芸員と学ぶへ移動 プラネタリウムへ移動 マップへ移動 ご利用のご案内へ移動 リンク集へ移動 刊行物案内へ移動
博物館概要

 中野市立博物館
 長野県中野市片塩1221
 北信濃ふるさとの森
      文化公園内

 TEL 0269-22-2005
 FAX 0269-22-2005
トップページへ移動展示情報へ移動キッズアカデミーへ移動みんなで研究へ移動学芸員と学ぶへ移動プラネタリウムへ移動