「中野市食の大使」委嘱式・就任記者会見

公開日 2017年02月16日

最終更新日2017年4月6日

 

H29_02_09_食の大使_杉浦太陽_委嘱式

2月9日、市役所において、「中野市食の大使」委嘱式を行い、俳優の杉浦太陽さんに本市の食の大使を委嘱しました。
当日、杉浦さんはリムジンに乗って市役所に到着。市役所玄関でバラの花束を受け取り、市職員と市民の皆さんの歓迎を受けました。
委嘱式会場には、大使の就任を祝う皆さんや、多くの報道機関が訪れました。入場した杉浦さんは、大使任命のたすきを市長から、大使の名刺をJA中野市の望月隆常務理事から渡されると、これからの活動に胸を躍らせる様子でした。
続く記者会見では、報道機関からの質問に、杉浦さんの奥さんとのバラの花束に関するエピソードや、番組の取材で本市に訪れたときの思い出話、大使としてやってみたいことのアイデアなどを語り、「中野市の農産物で一番印象が強いものは」という問いには「ほどよい辛さが癖になるぼたんこしょう」と答えました。