中央公民館

中野市北部公民館│平成29年度 親子体験教室 あるある探検隊

公開日 2017.11.09

最終更新日 2017.11.09

農業体験とふるさとの伝統行事 親子で一緒にやってみよう

 

第1回 田植え(平成29年5月20日 終了)
第2回 笹もちづくり (平成29年6月24日 終了)
第3回 稲刈り(平成29年9月30日 終了)
第4回 稲こき(雨天中止)
第5回 干し柿づくり(11月5日 終了)
第6回 ものづくり・やしょうまづくり(1月)

※全6回 毎回土曜日

平成29年度の活動の様子です。

H29-1-2

第1回 『田植え』
平成29年5月20日

「生まれてはじめて田うえをしました。すこしむずかしかったけど、だんだんこつをつかむとかんたんでたのしかったです。それにあつかったけど田んぼのなかは水がつめたくてきもちよかったです。」
 

H29-1-1
H29-2-2

第2回『笹もちづくり』
平成29年6月24日

「おもちつきがたのしかった。
ささもちづくりもたのしかったです。」
「はじめてもちをついたりささでつつんだりしたけど、もちをつくのはきねがおもたくてたいへんで、ささでつつむのはもちがべたべたでたいへんだったけど、たのしかったです。」

H29-2-1

H29稲刈り写真1

第3回『稲刈り』
平成29年9月30日

「とてもたのしかったです。かまをつかうのはむずかしかったけど。」

IMG_1197

H29干し柿写真1

第5回 『干し柿づくり』
平成29年11月5日

「かきをむくのは、かきがすべってむずかしかったし、ピーラーもつかうのがむずかしかったけど、たのしかったです。」

H29干し柿写真2

私たちが毎日食べているお米はどうやってできているの?

5月、昔ながらの稲の手植えを体験しよう。みんなで泥んこになろう!

9月、実った稲を刈り取ろう。春に植えた稲はどんなふうに成長しているかな。

10月、唐箕(とうみ)や千歯こきなど昔の道具を使って脱穀をしよう。

ふるさとの伝統行事を体験しよう

6月、「笹もちづくり」田植えが無事に終わったお祝いと豊作祈願。高社山の笹を使うよ。

11月、「干し柿づくり」農家の冬支度。甘い干し柿ができるかな?

1月、「ものづくり・やしょうまづくり」ものづくりは豊作祈願の年中行事。様々な形の団子を木の枝に飾るよ。やしょうまは、昔から親しまれている信州の郷土食。素朴な味がおいしいね

こどもの成長のなかで、親子が一緒に体験ができるのはほんの短い期間です。たくさんふれあい、思い出をつくりましょう。

お問い合わせ
教育委員会事務局 北部公民館
電話:0269-26-0677
E-Mailhkomin@city.nakano.nagano.jp