ご自身でブロック塀等を見てみましょう!

公開日 2018年8月28日

更新日 2018年11月21日

 2018年6月18日に大阪府北部を震源として発生した地震において、倒壊したブロック塀等により小学生を含む2名の方が亡くなられる大変痛ましい事故が発生しました。

ブロック塀等の安全点検をお願いします。

 ブロック塀等は、劣化や鉄筋の不足等により地震時等に倒壊する恐れのあるものがあります。また、新しいブロック塀であっても、現行基準に適合していない場合があります。

 ブロック塀について、以下の項目を点検し、ひとつでも不適合があれば、危険なので改善しましょう。

 まず外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合やわからないことがあれば、専門家に相談しましょう。また、6については専門家に相談しましょう。

1.塀は高すぎないか。
・塀の高さは地盤から2.2メートル以下か。
2.塀の厚さは十分か。
・塀の厚さは10センチメートル以上か。(塀の高さが2メートル超2.2メートル以下の場合は15センチメートル以上)
3.控え壁はあるか。
・塀の長さ3.4メートル以下ごとに、塀の高さの5分の1以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>

6.塀に鉄筋は入っているか。
・塀の中に直径9ミリメートル以上の鉄筋が、縦横とも80センチメートル間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30センチメートル以上か。(塀の高さが1.2メートル超の場合)

ブロック塀の点検チェックポイント[PDF:153KB]

相談窓口等について

 長野県のホームページにもブロック塀等に関する相談窓口等が掲載されておりますのでご相談ください。

ブロック塀等の相談窓口の開設(長野県のホームページ)(外部サイト)

関連リンク

ブロック塀等の安全点検に係る支援事業を実施します(別ページ)

 

お問い合わせ

建築住宅係
TEL:0269-22-2111(273)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ