新庁舎建設情報

公開日 2017年10月06日

最終更新日 2017年10月06日

 新庁舎建設工事の状況をお知らせします。

新庁舎建設工事の状況

 9月に入り、内部では、1階床下の型枠脱型が完了し、断熱材のウレタン吹き付けが行われました。また、免震システムの一部であるオイルダンパーが設置され、これにより地震発生時には、工事中の躯体に伝わる地面からの揺れを抑えることができるようになりました。
 各階では、壁、天井の下地組み、ボード張りが行われています。また、内装の一部に使用される中野市産のカラマツやヒノキの製材や加工状況の検査も行われました。そのほか、各階の空調設備の配管やダクトの設置、照明の配線が行われ、各階機械室には空調機を搬入。エレベーターも組み立てが始まっています。

 外部では、ガラスのはめ込みや西面の外壁張り、南北外壁の仕上げ工事のほか、議場周りや階段塔屋部分の外装工事なども始まりました。また、9月に着手した付属棟の地盤掘削も終わり、基礎の配筋、型枠、コンクリート工事が行われています。

 10 月は各階の床工事や壁の仕上げ工事、外部足場の解体などが行われます。

天井ボード張

天井のボード張

免震階

免震階

中野市産木材の検査

中野市産木材の製品検査

お問い合わせ

財政課 管財係
電話:0269-22-2111(220,222)