【9/23(土・祝)~12/3(日)】中野市立博物館秋季企画展「高丘丘陵の古代窯跡群―奈良時代の大窯業地帯」を開催します

公開日 2017年09月23日

最終更新日 2017年12月03日

高丘丘陵には奈良時代・平安時代の須恵器窯跡が広がっています。かつては畑や雑木林だった丘陵上も高速道路や工場・住宅用地として開発がすすみ、地形が大きく変わってしまった場所もあります。これらの開発に伴い窯跡の発掘調査も数多く行われてきました。また、原料の粘土を採掘した跡や住居跡が明らかになった遺跡もあります。焼き物産地としての伝統は近代の瓦生産や立ヶ花土人形に受けつがれているともいえます。県内でも有数の古代窯業地帯であった窯跡群の出土品と窯跡のようすをご覧ください。

会期:9/23(土・祝)~12/3(日)

休館日:毎週火曜日

開館時間:午前9時~午後5時(12月は午前10時~午後4時)

高丘丘陵古代[PDF:7MB]

地図

中野市立博物館

お問い合わせ

教育委員会事務局 市立博物館
電話:0269-22-2005

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード