平成29年6月定例市議会 市長あいさつ

公開日 2017年06月02日

最終更新日 2017年06月02日

 

平成29年6月定例市議会 市長あいさつ

 本日ここに、平成29年6月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席をいただきましてありがとうございます。
 さて、今年の「信州なかのバラまつり」は、先月27日から始まり、今月11日までの16日間にわたり開催しております。
 本年の開花状況は平年並みで、来週には見ごろを迎える見込みでありますので、大勢の皆様にお出掛けいただきたいと考えております。
 農福連携事業につきましては、先月18日に長野県知事立会いのもと、アルビス株式会社と「農業と福祉の連携による地域づくり協定」を締結いたしました。
 事業者の株式会社アルビスファーム信州なかの及びアルビス株式会社では、9月の就労継続支援A型事業所の開所に向け準備が進められております。
 農業の活性化と誰もが住みやすく生きがいのある地域づくりのため、市ではできる限りの支援をしているところであり、本議会におきまして、関連する議案を上程しておりますのでご審議のほどお願い申し上げます。
 さて、梅雨の出水期を前に、市では、大雨や長雨による河川の増水を想定した、水防訓練を先月実施いたしました。
 また、今年度の防災訓練につきましては、8月27日、防災広場を中心に、内容について大幅な見直しを行い、誰もが参加できる訓練、参加団体によるブース展示など行い、多くの市民の方に参加していただける内容として開催を予定しております。
 市では、今後も国・県と連携し、防災・減災の体制強化を図るとともに、市民の皆様の災害時の備えに対する啓発に努め、災害に強いまちづくりを推進して参ります。
 新庁舎建設の進捗ですが、建物の柱や梁となる鉄骨を組みあげる「建て方」が先月から始まっております。
 その後は、床部にコンクリート打設する床工事が行われ、引き続き、壁やサッシなどの外装工事が始まる工程となっており、予定どおり完成する運びとなっております。
 さて、昨日、本市2人目となる「地域おこし協力隊員」の委嘱を行いました。
 協力隊員の主な任務は、豊田地域の新たな地域運営の仕組みである「小さな拠点」の形成に関わる支援、地元食材を活用した加工品製造に取り組む豊田農産物加工施設利用組合の販路拡大や組合運営における体制支援のほか、前協力隊員と同様に、豊田地域の観光振興や情報発信も担っていただくこととしており、活躍を期待しております。
 さて、北信総合病院の再構築工事は本年2月に完成したところでありますが、今月5日には、同病院のヘリポートも開港されます。
 地域の基幹病院として、総合的な医療体制が整い、さらに救急病院、災害拠点病院としての機能も拡充することにより、ますます充実した地域医療を提供していただけるものと期待しております。
 さて、8月にイギリスのロンドンで開催される2017年世界陸上競技選手権大会男子競歩20kmに出場する、本市新井出身の藤澤勇選手を激励するため、現在、市役所ホールに日章旗を掲示し、市民の皆様からの応援メッセージを募っております。
 藤澤選手が世界の舞台で実力が発揮できるよう、ふるさと中野市からたくさんの応援メッセージを藤澤選手に届けられるよう、皆様のご協力をお願い申し上げます。
 さて、農産物の生育状況でありますが、4月中旬から5月にかけての霜については、大きな被害は確認されておりません。
 また、気温は平年並みで、生育状況も平年並みに推移しているようであります。
 JA中野市と同ぶどう部会では、先月5日にハウスブドウの初出荷がされました。
 大雪などの影響が心配されましたが、上々の出来であるとのことであります。
 また、同ぶどう部会は、昨年度、2度目の日本農業賞大賞を受賞されており、今後とも中野市の農業をけん引していただくよう期待しております。
 さて、市では、「中野市産地・観光用シンボルマーク」を活用して、地域が一体となったPRを実施し、地域ブランド化を推進することとしております。
 今年度では、シンボルマークを活用する各種団体や企業等の「より積極的な事業参画」を推進し、交流・連携・協働をテーマに、県外での物産展の開催や各種イベントへの事業者の派遣、さらに、生産者と事業者が連携する「魅力ある商品の開発」や新事業の創出を支援し、官民の協働により、市の知名度及び地域ブランドイメージの向上を推進して参りたいと考えております。
 さて、長野県では、来月から全国のJRグループの協力のもと、自治体、観光関係団体、観光事業者等が一丸となって、国内最大規模の大型観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」を9月まで実施いたします。
 市では、全国各地からの旅行者の皆様に本市にお越しいただくよう信州なかの観光協会と連携を図りながら観光PRに取り組んで参りたいと考えております。
 また、10月21日、22日の両日に、第1回「千曲川・高社山SEA TO SUMMIT2017」の開催を予定しており、先月9日に実行委員会が発足し、飯山市と本市で共同開催する運びとなりました。
 このイベントは、川・里・山の各ステージで行われる環境スポーツで、自然を感じ、環境について考えるイベントとして、全国各地で今年度は12大会が予定されており、このイベントを通じ、本市の魅力である「自然」「文化」「食」を情報発信する絶好の機会と捉え、成功させたいと考えております。
 さて、本年が2回目となる「信州中野音楽祭」と「信州中野おごっそフェア」はともに秋の開催に向け、既に各実行委員会が始動しております。
 音楽都市「中野市」を、そして本市自慢の旬の果物や野菜、それらをふんだんに使った料理や加工品を全国に発信するイベントであり、昨年よりもさらにグレードアップしたイベントとなることを期待しております。
 本日、提案いたします議案は、条例案3件、補正予算案3件、事件案3件の合計9件であります。
 よろしくご審議をいただきますようお願いを申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。

お問い合わせ

庶務課 秘書広報係
電話:0269-22-2111 (212,400)