中野市英語検定料助成事業について

公開日 2017年04月24日

最終更新日 2017年04月24日

英語検定料を助成します

 中野市教育委員会では、平成29年度から中学生の英語力及び学習意欲の向上を図るため、公益財団法人日本英語検定協会が実施する実用英語技能検定(英検)を受験した場合、英語検定料の半額を受験した生徒の保護者に対し助成します。

  なお、助成の申請は、検定の合否にかかわりなく、1年度につき1回のみです。

助成対象者

  1. 市内の中学校に在籍している生徒の保護者
  2. 市内に住所を有し、市外の中学校(義務教育学校の後期課程及び中等教育学校の前期課程を含む。)に在籍している生徒の保護者

助成金について

  1. 英語検定料の全額を負担した保護者に対し、検定料の半額を助成します。
  2. 当助成事業以外で、該当する英語検定の助成金等を受領した場合は、検定料の全額負担とはならないため、当助成の対象にはなりません。
  3. 平成28年度以前に受験した検定は、助成の対象になりません。

〈準会場の場合〉(※1)

受験級

検定料

助成金

1級

実施なし

準1級

実施なし

2級

5,400円

2,700円

準2級

4,800円

2,400円

3級

3,400円

1,700円

4級

2,100円

1,050円

5級

2,000円

1,000円

〈本会場の場合)(※2)

受験級

検定料

助成金

1級

8,400円

4,200円

準1級

6,900円

3,450円

2級

5,800円

2,900円

準2級

5,200円

2,600円

3級

3,800円

1,900円

4級

2,600円

1,300円

5級

2,500円

1,250円

(※1)準会場とは、学校などの団体受験申し込みを対象とし、申込団体が設置した試験会場のこと。

(※2)本会場とは、海外3都市、全国47都道府県の主要約230都市・400会場で実施する公開会場のこと。

交付申請から助成金交付まで

 〈学校において団体受験をした方〉 

  1. 学校において団体受験後、申請書(様式第1号)及び請求書(様式第2号)を学校に提出してください。
  2. 申請書の審査後、申請者(保護者)様に学校経由で交付決定通知を送付します。
  3. 後日、請求書(様式第2号)の振込先に助成金を振り込みます。

  大切なお願い

  • 団体受験をした場合は、受験がわかる書類(公益財団法人日本英語検定協会から学校に送付される受験者の一覧表)を、学校から教育委員会へ提供されることを、あらかじめご了承ください。

 〈本会場や塾など個人で受験した方

  1. 本会場や塾などで受験後、申請書(様式第1号)及び請求書(様式第2号)に、受験の確認ができる書類(個人成績表の写し)を添付し、学校又は教育委員会へ提出してください。
  2. 申請書の審査後、申請者(保護者)様に交付決定通知を送付します。
  3. 後日、請求書(様式第2号)の振込先に助成金を振り込みます。

 【様式

 【記入例

締め切り

  受験した年度の3月31日まで(必着)

お問い合わせ

学校教育課 学校教育係
電話:0269-38-3112

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード