平成29年度中野市住宅防災・衛生機能向上事業補助金の募集開始について

公開日 2017年04月01日

最終更新日 2017年04月01日

 市では市内全域における安心安全な環境を整えていく必要性を踏まえ、災害に強い住環境の向上を図るため、既存住宅本体の耐震性、衛生面に対する性能の向上を目的とした工事を市内の施工業者を利用して行う場合に、その経費の一部を支援します。

 この事業は平成25年度から行った住宅性能向上促進事業の中から防災面、衛生面の機能の向上に特化した事業として、平成28年度から実施しています。

予算の範囲内で事業区分ごとに対象者数を定めて募集します。なお、本年度は先着順による受付方法ではありません。補助対象者数を上回った場合は公開による抽選により補助対象者を決定します。

※このリーフレット(申請書)市役所都市計画課、豊田支所窓口、中央公民館ほか各公民館窓口、永田窓口サービスステーションにて配布します。

対象となる住宅

市内にある一戸建て住宅、店舗などの併用住宅または集合住宅の住居部分
※賃貸に使用または、使用を予定している住宅は対象となりません。

対象となる方

1.市内に住所を有する方
2.住宅の所有者または、所有者の同意を得た居住者の方
3.市税等を滞納していない方
 

※この事業の利用は、同一の住宅および同一人に対して一回限りとなります。

対象となる工事

 火災警報器設置工事、下水道接続工事または耐震改修工事のいずれかの工事と住宅改良工事を、市内の施工業者に発注して行う30万円以上の工事

※住宅の建替えや増築工事、門や塀などの外構工事、家具や家電製品等の購入などは工事の対象となりません。

※市の他の補助制度と併用が可能な場合があります。工事の内容の確認が必要になりますので、下記の問い合わせ先まで、ご相談ください。

※市内施工業者とは、建設業者のうち、市内に本社を有する法人または、個人事業主です。

補助金の額および事業区分

  • 事業区分1  火災警報器設置住宅  火災警報器設置費用の実費 上限5万円
  • 事業区分2  下水道接続住宅 10万円(現在くみ取り便所の住宅が新たに公共下水道に接続する工事、または、新たに合併処理浄化槽を設置し接続する工事 )
  • 事業区分3  耐震改修住宅   耐震改修工事の1/2以内 上限80万円

    ※事業区分1を除き、高齢者のみ居住の住宅を対象として3万円の加算があります。

事業区分ごとの募集枠

        下記の都市計画課建築住宅係までお問い合わせください。

申請方法

【受付期間】 4月10日(月)より 

※土・日曜日、祝日、年末年始を除く。

【受付】市役所都市計画課、豊田支所窓口まで、必要書類を添付して申請して下さい。

注意事項

1、必ず補助金の交付決定後に工事に着手してください。事前着手は補助金の対象となりません。

 ※書類不備等がなければ、申請からおおむね2週間ほどで工事着手が可能になります。工事完了は下記の実績報告期限までです。

2、交付申請後に工事の内容が変わる場合は、変更の手続きが必要になります。下記問い合わせ先へお問い合わせ下さい。

3、工事実績報告書は平成30年3月9日(金)までに提出してください。

【申請書等ダウンロード】

お問い合わせ

都市計画課 建築住宅係
電話:0269-22-2111(273)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード