難病等患者(特定疾病患者等)激励金支給制度を廃止します

公開日 2017年03月02日

最終更新日 2017年03月02日

難病等患者(特定疾病患者等)激励金支給制度の廃止についてお知らせします

 平成25年4月に施行された「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援する法律(障害者総合支援法)」により、障がい者の範囲に「難病等」の方々が加わり、障害支援区分の認定や支給認定などの手続きを経て、必要と認められたサービスを利用できるようになりました。
 このようなことから、今まで一律に支給を行っていた難病等患者(特定疾病患者等)激励金支給制度について、平成28年度をもって廃止いたします。
 障害支援区分の認定手続きなど、詳しくは福祉課障がい福祉係(0269-22-2111内線295)までお問い合わせください。

◆長野県ホームページ⇒障害者総合支援法の概要

 

お問い合わせ

福祉課 障がい福祉係
電話:0269-22-2111(295,294)