平成29年3月定例市議会 市長あいさつ

公開日 2017年02月28日

最終更新日 2017年02月28日

 

平成29年3月定例市議会 市長あいさつ

 本日ここに、平成29年3月市議会定例会を招集いたしましたところ、ご出席をいただきまして厚くお礼を申し上げます。早いもので、明日から3月となり、今年度も残り1か月となりました。

 今年度予定していた事業は、順調に執行することが出来ており、これも議員各位のご理解ご協力によるものと深く感謝申し上げます。

 昨年11月の2期目の就任から早いもので3か月が経過したところでありますが、この間、元気な中野市づくりに向け、実施計画の策定および新年度予算編成などに取り組んで参りました。

 新年度予算につきましては、2年目となる第2次総合計画前期基本計画と、3年目を迎える中野市まち・ひと・しごと創生総合戦略に掲げる事業を柱として編成いたしました。

 また、今月8日には、北信地域6市町村が将来にわたり安心して住み続けられる圏域を実現することなどを目指し、「第二次定住自立圏共生ビジョン」を策定しました。

 圏域の中心市として、医療体制、公共交通をはじめとする生活基盤の確保・充実に努め、地域の資源を生かした魅力ある地域づくりに努めて参ります。

 さて、暖冬だった昨年と打って変わり、今年は降雪が多い年となりましたが、先月13日から17日にかけて降り続いた雪は、5日間の累積降雪量が市街地周辺で1メートルを超える大雪となりました。

 市では、市民生活の維持・確保のため、懸命の除雪作業を行いましたが、降り続く雪で道路幅が狭くなり、すれ違いができず、車が立ち往生する事態が各所で発生しました。

 多くの皆様に、ご不便をお掛けしたことに対してお詫び申し上げるとともに、今回のような大雪でも安全で円滑な通行が確保できるよう除雪体制について検討して参ります。

 なお、除雪費の予算が不足したことから補正予算の専決処分をさせていただきましたが、更に不足することから今議会において追加予算をお願いしたいと考えております。

 また、農作物への影響については、果樹や花卉(かき)などのビニールハウス、ブドウ棚及び果樹の樹体に被害が発生しました。

 被害を受けられた生産者の皆様に心からお見舞いを申し上げるとともに、復旧支援につきましては、農協など関係機関と協議し対応して参りたいと考えております。

 さて、平成24年10月に始まった北信総合病院の増改築工事は、4年余りの歳月をかけ完成し、今月16日に竣工式が行われました。

 地域医療の核となる、総合的な医療体制が整いましたことは、本市だけでなく北信地域に暮らす住民の皆様にとって、大きな安心感につながるものと考えております。

 本事業の推進にあたりましては、議員各位に多大なご理解ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 老朽化により改築工事を進めております、みなみ保育園が間もなく完成となり、来月22日に竣工式を、24日には卒園式を執り行う運びとなりました。

 4月からは新しい園舎に園児を迎え入れ、保育を行って参ります。

 近年、高齢者の将来の生活の不安を逆手にとった特殊詐欺や悪質商法が増え続けており、市民の誰もがこうした被害にあう危険にさらされています。

 市では、安全で安心した生活を守るため、より一層充実した相談支援体制を整え、消費者行政を推進して参ります。

 今月15日、「公共ホールが果たす役割を考えるつどい」と題して、老朽化した市民会館に代わる、新たな公共ホールのあり方について、私の考えをお示しし、市民の皆様からご意見をお聴きする意見交換会を開催しました。

 今後も重要な案件については、積極的に意見交換会を開催し、情報共有を図って参ります。

 市ではこれまで、農産物の消費拡大と知名度向上のため、生産者及び事業者と連携し、「信州なかの」ブランドのPRに取り組んで参りました。

 この「信州なかの」ブランドを広く発信する起爆剤として、民間有志でつくる実行委員会が協議を重ねた結果、2月9日に「中野市食の大使」として俳優の杉浦太陽さんに就任していただきました。

 杉浦太陽さんは、以前テレビの料理番組の収録で本市にお越しいただいた縁から、その後も市内生産者との交流が続いており、また、食に精通しており、ご自身で料理されるなど、食の楽しさを伝えていただける人物であることから就任をお願いしました。

 今後は、「食の大使」杉浦太陽さんのお力をお借りし、さらに産地・観光PRに努めて参ります。

 音楽姉妹都市として交流を続けている、宮城県仙台市と大分県竹田市(たけたし)でありますが、昭和42年1月18日の提携から50年を迎えました。提携50周年を記念し、先月28日、両市長を本市へお迎えし、「未来へ向けた姉妹都市交流の絆共同宣言式」を行いました。

 今回の共同宣言をきっかけに、さらに強い絆での交流を継続、発展させ、3市が連携し文化振興に努めて参ります。

 教育委員会では、小学校統合に向け必要な事項を協議するため、「中野市小学校統合準備委員会」を北部地区と豊田地域にそれぞれ設置し、先月31日に第1回となる準備委員会を開催いたしました。

 委員の構成につきましては、統合に関係する小学校や保育園の保護者、教職員、地域の住民代表、公募委員などで構成しており、協議事項が多岐に渡るため4つの専門部会を設け、今後は部会ごとに協議を進めて参ります。

 会議の内容は、市の公式ホームページなどで公表して参りますので、ご理解をお願い申し上げます。

 新庁舎の建設につきましては、先月27日に起工式を執り行い、来年2月の供用開始に向け工事を進めております。

 明日から3月となりますが、今年も来月13日から、中心市街地の各商店におきまして「まちかど土びな展」が始まり、中野陣屋・県庁記念館においても特別展を開催するなど、土人形に関連する各種イベントが行われます。

 来月31日と4月1日は、信州中野に春を呼ぶといわれる「中野ひな市」が行われますので、大勢の皆様にお越しいただきたいと思います。

 本日提案いたします議案は、補正予算の専決処分の報告1件、条例案9件、予算案12件、事件案1件の合わせて23件であります。

 よろしくご審議をいただきますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。

お問い合わせ

庶務課 秘書広報係
電話:0269-22-2111 (212,400)