不育症治療補助金交付制度

公開日 2016年04月01日

最終更新日 2016年04月01日

不育症治療補助金交付制度の概要

中野市では、不育症治療を行っている夫婦に、10万円を限度に不育症治療にかかわる医療費の一部を補助します。
詳しくは、お問い合わせください。

申請できる対象者 ※いずれも該当すること
  • 申請日を基準として中野市に1年以上居住し、不育症治療を行っている夫婦
  • 中野市に引き続いて1年以上住所を有する者・医療保険に加入している者
補助内容
  • 10万円を限度に、不育症治療保険診療一部負担金及び保険適用外医療費の2分の1を補助します。ただし、保険者等から保険給付に準ずる給付額及び長野県不育症治療支援事業を受けた場合の額を除きます。長野県不育症治療支援事業を受けた場合は、本人負担額以内の補助をします。
  • 補助金申請1回の対象経費は、出産(流産、死産等を含む)に伴う不育症治療が終了した期間の経費です。
  • 補助は通算して3回を限度とします。
申請手続きについて
  1. 中野市不育症治療補助金交付申請書(実績報告書)、中野市不育症治療補助事業医師証明書 中野市不育症治療補助事業医療費等証明書、住民票等確認同意書、中野市不育症治療補助金交付請求書を治療終了後速やかに中野市健康づくり課母子保健係(中野保健センター内)まで提出してください。                                                                      ※長野県不育症治療支援事業を利用される方は「長野県不育症治療支援事業交付決定通知書」をお持ちください。
    ※医師の証明等にかかる費用は自己負担になります。
    ※申請書類は健康づくり課(中野保健センター内)にあります。郵送を希望される方はご連絡をお願いします。
  2. 適否を審査し、補助金にかかる交付決定通知書をお送りします。
  3. 補助金は口座振り込みになります。

お問い合わせ

健康づくり課 母子保健係
電話:0269-22-2111(368,388)