長野県民交通災害共済について

公開日 2016年01月21日

最終更新日 2017年02月13日

県民交通災害共済とは

会費を納めて会員になった方が、万一交通事故にあった時にお見舞金を支給する相互扶助の制度です。

制度の概要は、次のとおりです。

会費 1人年額 400円
見舞金の額 最低 20,000円(入院・通院2日以上)
最高 1,000,000円(死亡の場合)
会員の期間 4月1日から3月31日まで(1年毎に加入となります)
(ただし、4月1日以降に加入された場合は、加入日の翌日から翌年3月31日まで)
見舞金支給範囲 日本国内で発生した、道路上を運行中の自動車、バイク、自転車などによる衝突・転落・接触などの交通事故、運行中の電車および航行中の航空機、船舶による事故で災害を受けた場合

詳しくは、長野県民交通災害共済ホームページ http://www.cheering-nagano.jp/koutsu/ でもご覧いただけます。

平成29年用ポスター 中野市[PDF:4MB]

加入について

1 加入資格

  1. 市内に居住している方
  2. 市内に居住する方の被扶養者で、就学のために市外に居住している方

2 手続きの必要が無い方

  • 次の方々は、市が手続き(公費負担)しますので、申し込みは不要です。
    1. 中学生以下の方
    2. 身体障害者手帳の1から3級をお持ちの方
    3. 療育手帳をお持ちの方
    4. 障害者保健福祉手帳をお持ちの方
  • 3月に中学校を卒業の方は4月からは各世帯での個人加入となりますので、ご注意ください。

3 加入方法

  1. 自治会を通じての加入
    • 毎年、2月上旬から中旬にかけて、お住まいの区から申込書(3部複写)が配布されるので、切り離さずにボールペン等で必要事項を記入し、会費を添えて、指定日(3月上旬)までに、お住まいの区の役員の方へ提出します(直接、市へ提出することも可能です)。
    • お住まいの区へ提出された方は、後日、会員証兼領収書が区を通じて配布されますので、大切に保管ください。
  2. 市の窓口で直接加入
    ​年間を通じて、市役所市民課または豊田支所地域振興課の窓口で加入手続きができます。

見舞金の請求について

万一、会員の方が交通事故にあわれたときは、警察に届けるとともに市役所市民課へご相談ください。

  • 見舞金の請求に必要な書類等は、次のとおりです。
    1. 会員証(兼領収書)---事故日の当該年度のもの
    2. 印鑑
    3. 人身事故扱いの交通事故証明書
      入手できない場合は、物件事故扱い交通事故証明書(請求者の氏名が記載されているもの)または、交通事故申立書でも見舞金の請求はできますが、見舞金の金額に制限があります(見舞金給付額の表の注意事項を参照)。
    4. 医師の診断書(所定の用紙があります)
    5. その他指定する書類(必要に応じて市からお渡しします)
    6. 見舞金振込み先の口座のわかるもの
  • 見舞金の請求期限は、交通事故による災害を受けた日から起算して2年以内です。

 

お問い合わせ

市民課 生活交通安全係
電話:0269-22-2111(238)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード