「中野市子ども・子育て支援事業計画」について

公開日 2015年04月01日

最終更新日 2015年05月01日

子ども・子育てを取り巻く社会情勢の変化を受け、新たな支援制度を構築していくため、平成24年には、認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の新たな給付や、認定こども園法の改正などが盛り込まれた「子ども・子育て関連3法」が制定されました。新制度では、「子どもの最善の利益」が優先される社会の実現のため、制度、財源を一元化して新しい仕組みを構築し、幼児期の学校教育・保育の一体的な提供、保育の量的拡充、家庭における養育支援等を総合的に推進していくこととされています。

本市では、平成21年度に「子どもすくすくぷらん(中野市次世代育成支援計画)」を策定し、よりよい子育て環境の整備に取り組んできました。しかし、本市においても少子化や世帯規模の縮小、女性の社会進出による低年齢児の保育ニーズの増大など、子ども・子育てを取り巻く環境は大きく変化しており、時勢にあった適切な支援をしていく必要があります。

以上のことを踏まえ、子どもの健やかな育ちと保護者の子育てを社会全体で支援する環境を整備することを目的に、本計画を策定しました。

中野市子ども・子育て支援事業計画 【表紙】[PDF:588KB]

中野市子ども・子育て支援事業計画 【本編】[PDF:2MB]

中野市子ども・子育て支援事業計画 【裏表紙】[PDF:14KB]

中野市子ども・子育て支援事業計画【概要版】[PDF:3MB]

お問い合わせ

子育て課 子ども支援係
電話:0269-22-2111(356)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード