中野市新庁舎建設整備基本計画を策定しました

公開日 2015年01月30日

最終更新日 2015年02月19日

 現在の市役所本庁舎は建設から約50年が経過し、耐震性能が危ぶまれているとともに、著しい老朽化やバリアフリー化への対応など、さまざまな課題を抱えていることから、現庁舎敷地に建て替えることとしています。
 「新庁舎建設整備基本計画」は、新庁舎の機能や規模、建物配置等、建設整備の基本的な方針をまとめたもので、設計の基礎となるものです。

新庁舎建設整備基本計画

中野市新庁舎建設整備基本計画[PDF:4MB]

概要版

中野市新庁舎建設整備基本計画(概要版)[PDF:647KB]

新庁舎建設整備基本計画(案)に対する意見募集の結果

新庁舎建設整備基本計画(案)に係る意見を募集した結果は、次のとおりです。

意見募集期間

平成26年12月1日(月曜日)から平成27年1月5日(月曜日)まで

意見の提出状況

  • 提出者数 8人
  • 提出意見数 10件
  • 提出方法 持参3人、郵送1人、ファックス1人、メール2人、電子申請1人

提出された意見と市の考え方

新庁舎建設整備基本計画(案)に対する意見募集の結果[PDF:237KB]

お問い合わせ

財政課 管財係
電話:0269-22-2111(220,222)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード