固定資産の異動届(家屋の滅失・土地の地目変更等)をお忘れなく!

公開日 2014年12月01日

最終更新日 2016年12月08日

固定資産税・都市計画税は、毎年賦課期日(1月1日)現在で土地や家屋などを所有している方に課税されます。

平成28年中に家屋の滅失、土地の地目変更、宅地の用途変更等の異動がありましたら平成29年1月31日(火)までに税務課へ申告または届出をお願いします。

「家屋滅失届」

平成28年中に、家屋を取り壊した方は家屋滅失届をご提出ください。

家屋滅失届をご提出いただくと、次年度から取り壊した家屋には固定資産税は課税されません。

「土地の地目変更届」

平成28年中に、田から畑へ、山林から雑種地などへ現況の地目を変更された場合は土地の地目変更届をご提出ください。

「住宅用地異動申告書」

住宅を改築(事務所から住宅等)などへ用途変更された方、新しく家屋を新築または増築し、宅地の利用状況等に異動があった方は住宅用地異動申告書をご提出ください。

なお、平成29年1月2日以降の土地および家屋の異動については、平成30年度からの課税対象になります。

※様式はこちらからダウンロードできますのでご利用ください。

お問い合わせ

税務課 資産係
電話:0269-22-2111(226)