中野市合併10周年記念事業

公開日 2016年03月01日

最終更新日 2016年03月01日

中野市は、平成27年度に合併10周年目を迎えました。

この節目を記念して市民の皆さんと祝える合併10周年記念事業を行います。

10周年タイトルデザインver4

テーマ

ふるさとへの愛着を高めるとともに、本市の魅力を市内外へ発信し、更なる発展につなげる。

期間

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの1年間

特別企画

中野市の系譜や地名の由来に始まり、合併からの人口や合併による財政支援措置などの実績を中心に、中野市の軌跡を簡単に振り返ります。(連載企画)

合併10周年特別連載企画のページ 合併10周年ロゴ_レッド 合併10周年ロゴ_イエロー 合併10周年ロゴ_ブルー

記念事業・冠事業

未来の手紙を発送しました

 

未来への手紙 くわしくはこちら ←クリック

冠事業とは、従来から実施している事業(イベント、企画など)に「中野市合併10周年記念」と冠を付け実施する事業のことです。

合併10周年を記念して、改めて事業の目的などを再認識し、地域の資源の再発見に役立てたいと思いますので皆さんのご参加をお待ちしております。

10周年記念 冠事業一覧[PDF:739KB](2015.4月~2016.3月)

事業(イベント)名 会場 日程 内容等 所管課

3月の合併10周年記念事業一覧

スプリングコンサート

中山晋平記念館

第一展示室

3月12日(土)

午後1時30分

~午後3時00分

(開場は午後1時)

「平野スカイ」によるコカリナ演奏

「木曜会」による女声合唱

晋平・辰之メロディーや中野市のイメージソング「空みあげて」の演奏などをお楽しみください。

入場無料

中山晋平記念館

電話 0269-22-7050

※事業(イベント)の詳細は所管課へお問い合わせください。

高校生が中心となったイベント紹介  

 市内の中野西高等学校及び中野立志館高等学校が市役所とコラボし、活動している様子を随時ご紹介します。

市民実施冠事業

市民等により構成された団体が自主的に開催する事業(イベントや企画など)で「中野市合併10周年記念」の冠を使用していただける事業を募集します。

メリットとして、広報紙や市公式ホームページに掲載し事業の告知やPRをさせていただきます。

対象とする事業

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの間に実施する事業で次に該当するもの

  • ふるさとへの愛着を高める事業
  • 本市の魅力を市内外に発信できる事業

対象外事業

  • 公序良俗に反する事業
  • 政治、宗教又は思想活動などを目的とする事業
  • 営利又は売名を目的とする事業

申請様式等

中野市合併10周年記念事業の冠使用に関する様式[PDF:41KB]

中野市合併10周年記念事業の冠使用に関する様式[DOC:44KB]

※事業計画書を添付してください。

 事業完了後に「事業報告書」などの報告が必要になります。

記念事業補助金

市民等により構成された団体が自主的に行う事業(イベントや企画など)に要する経費に対し、補助金を交付します。

中野市合併10周年記念事業補助金交付要領[PDF:66KB]

中野市合併10周年記念事業補助金交付要領様式[PDF:38KB]

中野市合併10周年記念事業補助金交付要領様式[DOCX:23KB]

バラ苗プレゼント

市の花であるバラを育ててもらうことで、バラのまちづくりや市民交流の機会の創出を期待し、抽選で100名の方にバラ苗をプレゼントします。

応募のページ(応募は締め切りました)

合併10周年記念事業検討会

中野市の合併10周年を記念して実施する中野市合併10周年記念事業を企画するに当たり、広く市民の意見を反映させるため、中野市合併10周年記念事業検討会を設置しました。

中野市合併10周年記念事業検討会のページ

合併10周年記念事業提案書

平成26年11月13日(木)に中野市合併10周年記念事業検討会の正副座長より市長へ記念事業にふさわしい企画について提案書が提出されました。

中野市合併10周年記念事業提案書[PDF:549KB]

合併10周年記念事業の企画案・アイデアを募集

検討会では、市民の皆さんが「故郷のふるさと」中野市への愛着を深め、中野市の魅力を市内外へ発信し、更なる発展につながるような記念事業の企画案・アイデアを募集しました。(募集は締め切りました)

頂いた企画案・アイデアは合併10周年記念事業検討会で検討しました。

募集のページ(募集は締め切りました)

お問い合わせ

政策情報課 行政管理係
電話:0269-22-2111(401)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード