下水道を利用するにあたって

公開日 2014年06月30日

最終更新日 2014年06月30日

下水道を利用されるみなさんへお願いです!

 日頃、下水道をご利用いただきありがとうございます。でも、使用する際にちょっと気をつけてください。下水道の終末処理場はたくさんの微生物の働きにより、水を浄化(きれいに)しています。下水の中に、ゴミや薬品類が混入すると浄化に支障をきたす原因となります。

 水を流す時には、次のことに注意していただき、よりきれいな水を自然に返せますようご協力をお願いします。

  • 生理用品、避妊具、紙オムツやビニール類は、処理場の機械にからみつくなど、処理機能の低下や重大な事故の原因になるので流さないでください
  • ご家庭の流し台にゴミ粉砕機(ディスポーザー)を取付け下水に流さないでください。下水管のつまりや終末処理場での水処理が困難になるので、ゴミは取り除き別にしてください
  • 油脂類や薬品類は混入すると、微生物の働きに影響が生じ水を浄化する力が低下するので流さないでください
  • ガソリン、シンナー、石油等は気化して爆発などの原因となりますので、絶対に流さないでください
  • マンホールは下水管の点検や汚水を流下させる大切な働きをします。砕石、ゴミ、セメント、塗料など決して捨てないでください。損傷の原因となります。

なお、不明な点がございましたら、下記へお問い合わせください。

お問い合わせ

上下水道課 下水道係
電話:0269-22-2111(283)