資金収支計算書(平成22年度)

公開日 2014年02月14日

更新日 2014年01月17日

資金収支計算書とは?

資金収支計算書とは、一会計年度における資金の増加又は減少の状況を説明する計算書です。この資金収支計算書は、行政活動を 資金の流れからみたものであり、年初と年度末の資金の増減内訳を表にしたものです。

資金収支計算書の基本的事項

資金の範囲を歳計現金としています。
これは、企業会計では 資金の範囲を現金及び現金同等物とし、現金同等物等は「容易に換金可能であり、かつ、価値の変動により僅少なリスクしか負わない短期投資」であるとしているからです。
また、財政調整基金および減債基金は金額が預金等で保管されていたとしても、その取崩には一定の制約があるため、常時使用可能な資金とすることができないからです。

平成22年度 1年間の資金の流れ

1.経常的収支の部
人件費 33億4,310万円
物件費 28億3,535万円
社会保障給付 23億6,341万円
補助金等 20億3,544万円
支払利息 2億9,503万円
他会計への事務費等充当財源繰出支出 14億6,835万円
その他支出 4億8,569万円
支出合計 128億2,637万円
地方税 54億3,165万円
地方交付税 63億4,944万円
国県補助金等 25億2,461万円
使用料・手数料 4億5,410万円
分担金・負担金・寄附金 7,140万円
諸収入 4億7,067万円
地方債発行額 11億7,279万円
基金取崩額 3億9,605万円
その他収入 7億7,813万円
収入合計 176億4,884万円
経常的収支額 48億2,247万円
2.公共資産整備収支の部
公共資産整備支出 22億8,067万円
公共資産整備補助金等支出 5億2,441万円
他会計への建設費充当財源繰出支出 296万円
支出合計 28億804万円
国県補助金等 5億9,362万円
地方債発行額 9億4,860万円
基金取崩額 3億4,340万円
その他収入 3,851万円
収入合計 19億2,413万円
公共資産整備収支額 △8億8,391万円
3.投資・財務的収支の部
投資及び出資金 0万円
貸付金 3億4,120万円
基金積立金 16億1,757万円
定額運用基金への繰出支出 50万円
他会計への公債費充当財源繰出支出 11億792万円
地方債償還額 19億6,315万円
支出合計 50億3,034万円
国県補助金等 0万円
貸付金回収額 3億4,625万円
基金取崩額 1億円
地方債発行額 2億2,000万円
公共資産等売却収入 2億2,259万円
その他収入 2億2,517万円
収入合計 11億1,401万円
投資・財務収支入額 △39億1,633万円
名称 金額
当年度歳計現金増減額 2,223万円
期首歳計現金残高 4億1,251万円
期末歳計現金残高 4億3,474万円
  •  一時借入金に関する情報
  1. 資金収支計算書には、一時借入金の増減は含まれていません。
  2. 平成22年度における一時借入金の借入限度額は、25億円です。
  3. 支払利息のうち、一時借入金利子は22万円です。

お問い合わせ

財政係
TEL:0269-22-2111(221)