中野市住宅用太陽光発電システム設置費補助金について

公開日 2017年04月01日

更新日 2018年10月11日

この補助金は、平成30年度が最終年度となります。

市では、地球温暖化防止及び環境負荷の少ないエネルギーの普及促進を図るため、住宅への太陽光発電システムの設置に要する経費に対し、費用の一部を補助します。

  • 平成30年度の予算額は、6,000,000円です。
  • 太陽光発電システムを設置する前に申請が必要です。
  • 平成31年3月31日までに電力会社との連系ができない場合は、補助を受けることができません。

補助金を受けることができる方

次のいずれかに該当する市税の滞納がない方が対象です。(同一住宅について、1回限りの申請となります。)

  • 自らが居住する中野市内の住宅にシステムを設置する方
  • 自らが居住するため、市内にシステムの設置された建売住宅を購入する方

対象設備

  • 住宅で消費する電気を太陽光エネルギーから供給するために必要な装置であって、余剰電力を電力会社に供給することができる機能を備えたもの。
  • 最大出力10キロワット未満の未使用のもの。(小数点以下2桁未満は切り捨て)

補助金額

太陽電池モジュールの公称最大出力1キロワットあたり2万円 (限度額10万円)

受付期間

平成30年4月1日から受付けています。(先着順とし、予算額に達した場合は募集を終了します。)

申請手続

次の必要書類を提出してください。なお、申請は原則、工事着工前(建売住宅の場合は引渡し前)となります。

Word交付申請書[DOC:29KB]PDF交付申請書[PDF:88KB]

添付書類

  1. 経費の内訳が明記されている工事見積書又は工事請負契約書の写し
  2. 設置予定箇所の位置図(住宅案内図等)
  3. 工事着工前の写真 既築の場合は、全景1枚及び設置予定の屋根数枚、新築または建て替えの場合は、建築場所のわかる現状の写真
  4. システムの規模等がわかるもの(パンフレット等)
  5. 市税の納税証明書(申請書において、市で納税状況を確認することについて同意した方は提出を省略できます。)
  6. 場合により、上記の他に必要書類の添付をお願いすることがあります。

交付決定

交付申請書受領後、内容を審査したうえで、交付の可否を決定し、申請者へ通知します。その後、工事等に着手してください。

太陽光発電システムの設置が完了したとき

太陽光発電システムの設置が完了した日(電力会社との連系・受給開始日)から30日以内に、次の必要書類を提出してください。

Word実績報告書[DOC:28KB]PDF実績報告書[PDF:77KB]

添付書類

  1. システムの設置費用に係る領収書の写し
  2. システムの設置状態を示す写真
  3. 電力会社との余剰電力販売契約書(発電設備の連系に関するお知らせ)の写し
  4. しゅん工検査の試験記録書の写し

交付額の確定

実績報告書受領後、内容を審査したうえで、額を確定し、申請者に通知します。

請求書の提出

振込口座は、申請者本人名義の口座を指定してください。

Word交付請求書[DOC:30KB]PDF交付請求書[PDF:69KB]
 

申請手続きフロー図

フロー

 

お問い合わせ

環境係
TEL:0269-22-2111(247)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

ページの先頭へ